コラム
液肥とは?基礎知識とおすすめの散布機械や液肥をご紹介
公開日2022.09.16
更新日2022.09.16

液肥とは?基礎知識とおすすめの散布機械や液肥をご紹介

植物が健康に生長するために必要不可欠な「肥料」。肥料には様々な種類がありますが、その中でも液肥は“速効性がある”ことから重宝される存在ではないでしょうか。液肥をうまく活用することができれば農産物の安定した収穫量を確保することが可能となります。今回のコラムは液肥の知識を解説しておりますのでお役に立てれば幸いです。後半はおすすめの液肥をご紹介していますのでぜひ最後までご一読くださいませ。

はじめに|肥料とは

はじめに肥料(ひりょう)とは、簡単に言うとうまく使えば植物の生育を促進したり、健康を維持したり、収量を上げることができる栄養分のことを指します。

農林水産省の肥料の定義では、肥料とは肥料法において、①植物の栄養に供すること又は植物の栽培に資するため土壌に化学変化をもたらすことを目的として土壌に施されるもの、②植物の栄養に供することを目的として植物に施されるもの、と定義されています。

参考:肥料法の概要

そもそも植物には“これがないと生きられない”という元素があり、それを必須元素と言います。必須元素は以下の表の通り17種類あり、多量要素と微量要素に分けられます。

植物の必須元素(17種類)

多量要素 窒素、リン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、硫黄、炭素、酸素、水素
微量要素 鉄、マンガン、亜鉛、銅、塩素、モリブデン、ホウ素、ニッケル

多量要素の中の窒素・リン酸・カリウムは肥料の三要素と呼ばれ、収穫物に吸収されて畑の外に持ち出されやすいため、供給する必要があります。微量要素に関しては、本来土に十分あるため散布する必要はありませんが、土がアルカリ性になると不溶化して欠乏することがあるので注意が必要です。

関連コラム:
微量要素とは?微量要素の働きについて解説
微量要素欠乏症から作物を守れ!葉面散布の有効活用

肥料の種類

肥料は大きくは「普通肥料」と「特殊肥料」に二分されます。普通肥料は「登録肥料」や「指定混合肥料及び仮登録肥料」に分かれ、それぞれまた細分化されています。詳しくは農林水産省のホームページに掲載されていますので以下リンク先をご参照ください。

参考:農林水産省ホームページ
特殊肥料
登録肥料
指定混合肥料

液体肥料(液肥)とは?~使い方と使うタイミング~

液肥は肥料成分を水に溶かした液体の肥料のことを指します。ほとんどの液肥は化学肥料を使用していますが、一部有機肥料や活力剤を配合した液肥も存在します。液肥には各メーカーより様々な商品が発売されています。家庭菜園の方では「ハイポネックス」、生産者の方では「メリット」といった商品名を思い浮かべるのではないでしょうか。

以下では液肥の使い方と使うタイミングを解説します。

土壌散布

水で希釈して土壌へ散布します。希釈倍率は商品によって異なりますので、パッケージを確認しましょう。家庭菜園の場合はジョウロ、農業の場合は散布機で散布します。この時のポイントですが、土が乾いているとせっかく散布した液肥の栄養素が農作物に届きません。従って土が乾いている時は肥料濃度を下げて水分量を上げてから散布しましょう。散布のタイミングは農作物の状態によって変わりますが週に1~2回が目安です。

葉面散布

水で希釈して葉へ散布します。気孔が存在する葉裏への散布が有効のようです。なお葉物野菜は結球前のみ有効ですので注意しましょう。散布のタイミングは農作物の状態によって変わりますが週に3~4回が目安です。なお気温が高い時に散布すると水分が揮発しやすいため、肥料焼けを起こす可能性があるので注意しましょう。また、雨上がりや朝露などで葉が濡れていると、散布した液肥が薄まることで効果が低下する可能性があるので注意しましょう。

液体肥料(液肥)のメリットとデメリット

メリット

液肥のメリットは何といっても“速効性があること”です。なぜ速効性があるかというと、肥料成分が水に溶けた状態なので、植物の根が吸収しやすいからです。対して元肥で使用する固形肥料は成分が水に溶けだすまでに時間がかかります。液肥は灌水や農薬に混用して使用したり、葉面散布にも使用することができます。栽培期間中の追肥として使うことで、多くの栄養を素早く農作物へ与えることが可能になります。

デメリット

液肥のデメリットは希釈の手間がかかることと、効果が長続きしないことです。後者のメカニズムですが、化成肥料である液肥の主成分は硝酸態窒素です。硝酸態窒素はマイナスイオンですので、土壌のマイナス電荷と反発し合うため、土壌から流亡してしまうようです。

おすすめの液肥散布機械をご紹介

小型電動噴霧器|モーターフォグ

モーターフォグは大きめのスイカ一個分の重さ(本体重量:5.6kg)の小型電動噴霧器です。肩がけベルトを使用すれば手軽に作物へ葉面散布をすることができます。モーター式とバッテリー式の2タイプがあり、バッテリー式は電源のない圃場の葉面散布に最適です。ビニールハウスで栽培するあらゆる農作物にご使用いただけますが、特にご好評いただいているのはいちご生産者さんです。11月頃から週に1~2回、1,000㎡あたり3~5L程度のリフレッシュ水上澄み液を葉面散布することで軟弱徒長対策への効果が期待できます。

モーターフォグ導入生産者さんのインタビュー記事はこちら▼
【栃木県いちご農家様】シーズン中に一度も動噴を使用せずに管理!モーターフォグの効果を実感

おすすめの液肥をご紹介

天然アミノ酸入り複合肥料|オルガミン

オルガミンは新鮮な魚・糖蜜・大豆・小麦麦芽を一緒に天然発酵させた天然アミノ酸入り複合肥料です。普段の施肥では不足しがちな植物が必要とする約18種類以上のアミノ酸(アルギニン・ヒスチジン・リシン・プロリン・グリシン・グルタミン酸など)と酵素、核酸、マグネシウム、ビタミン、微量要素(マンガン・ホウ素・亜鉛・モリブデン)が含まれており、植物は生理活動の際の酵素を合成する原料としてこれらを使用します。

基本的な使い方は原液を1,000倍に希釈して葉面散布してください。石灰硫黄合剤以外の薬剤とは混用できますので、薬散回数増加による労力の追加負担が発生しません。

ほとんどすべての農作物に使用できますが、とりわけぶどうや桃といった果樹に大変ご好評をいただいています。また観葉植物へ葉面散布や灌水に使用すると根がよく張り、ずんぐりとした株に育つという効果が期待できます。オルガミンは1L・5L・10L・20Lの4種類の容量がありますので、まずは少量からお試しいただいてはいかがでしょうか。

▶オルガミンの説明動画はこちら

ノルウェー産の高品質な海藻エキス粉末|海藻のエキス

海藻のエキスはノルウェー産のアスコフィルム・ノドサムという海藻を加工して粉末状にした特殊肥料です。海藻特有のアルギン酸・ラミナリン・マンニット・フコイダンなどの多糖類、各種ミネラル・ビタミン・アミノ酸・微量要素などの60種類以上の栄養素や植物ホルモンが作用し、農作物の成長改善、収穫物の品質向上などの効果が期待できます。

海藻のエキスの解説動画はこちら

液肥をうまく使用して農作物を元気に育てましょう

今回は液肥の知識に関して解説しました。液肥は即効性が高いので、効果的に使用することで農作物を元気に栽培することが可能になるツールです。様々な種類の液肥がメーカーから発売されていますので、自分の畑に最適な液肥を選びましょう。本コラムがお役に立てますと幸いです。

関連コラム:
野菜の栽培に欠かせない追肥とは? 生長に合わせて適切な肥料の選択を

おすすめ記事
Tweets by SEIKO_ECOLOGIA
youtube
セイコーエコロジアのソリューション