小型電動噴霧器

モーターフォグ

PRODUCT FEATURE

手軽に噴霧
手堅く噴霧

モーターフォグは風力で葉面散布剤を細霧状に噴霧する農業用噴霧器です。
細かい霧をつくりだして作物の葉面に薬液を均一に噴霧することができます。
ビニールハウス全体に霧を充満させ作物の樹勢を整えます。
電動のためコンパクトで使いやすく手軽に使うことができます。噴霧器として特許登録済の機械です。

モーターフォグ(イメージ)

モーターフォグ

価格
100V¥280,000(税別・送料別) ビニールハウスの面積2,000㎡まで
200V¥420,000(税別・送料別) ビニールハウスの面積4,000㎡まで

モーターフォグの使用イメージ

仕様概要 MF-100 MF-200
本体寸法 W465×D230×H465(mm) W305×D300×H330(mm)
本体重量 5.6kg 7.0kg
電源 交流AC100V 単相200V 50/60Hz
消費電力 1050W 1350W
定格電流 8.4A 6.2A
配電盤 なし ブレーカ、電磁開閉機、24時間タイマー
噴霧量 毎分 約0~300cc(ダイヤル調整型) 毎分 約0~900cc(ダイヤル調整型)
ノズル ステンレス製3方噴霧型 ステンレス製3方噴霧型
シャーシ ステンレス製上下角度調整可動式 ステンレス製上下角度調整可動式
容量タンク 2ℓタンク
または背負い式12ℓタンク、据え置き型20ℓタンクが選べます
20ℓタンク(補助ポンプ付)
噴霧状況 噴口部ノズルから秒速約100m、噴霧角 約12度で吐出 噴口部ノズルから秒速約90~100mで吐出
噴霧距離 6~8mで微細になり空気中に消失(湿度40~50%時)
20m以上に浮遊(湿度80~90%時)
間口5.5m×奥行40mのビニールハウスでは40m奥まで充満
10mで微細になり空気中に消失(湿度40~50%時)
20m以上に浮遊(湿度80~90%時)
間口5.5m×奥行40mのビニールハウスでは40m奥まで充満
粒子径 約34~56μm 約34~56μm
構造 モーターの回転力によって発生する空気の一部を薬液タンク内に送りタンク内の液体をノズルに押し出します。この液体をモーターによる風力で噴霧する非加圧噴霧方式を採用しています。噴霧器として特許第5517139号を取得しています。 モーターの回転力によって発生する空気の一部を薬液タンク内に送りタンク内の液体をノズルに押し出します。この液体をモーターによる風力で噴霧する非加圧噴霧方式を採用しています。噴霧器として特許第5517139号を取得しています。
特徴 従来の噴霧器のような液体を加圧する複雑なピストン構造部が無く、薬液がなくなると送風のみになります。このためモーターを含め関連部分が焼付く心配がありません。薬液を噴霧終了後、適度な時間送風のみを続け、噴霧した薬液を空間に均一に充満させることも可能です。 従来の噴霧器のような液体を加圧する複雑なピストン構造部が無く、薬液がなくなると送風のみになります。このためモーターを含め関連部分が焼付く心配がありません。薬液を噴霧終了後、適度な時間送風のみを続け、噴霧した薬液を空間に均一に充満させることも可能です。
製造元 株式会社 土佐農機 株式会社 土佐農機
REASON

選ばれる理由

モーターフォグイメージ

枝葉を起たせ、葉・茎を固く引き締める

  • 35μmの微粒子散布でハウス栽培に最適
  • うぶ毛の増加、枝葉の隆起、葉や茎の引き締めなどで作物の基礎体力が向上
  • 日常的な散布により「回復力」が向上

モーターフォグの特殊なノズルは雲粒と同程度のサイズである平均35μm(マイクロメートル)ほどの微粒子を作りだすことができハウス栽培に適しています。粒子が大変細かいため空気中に拡散 しやすく作物の葉面にうっすらと少なめに薬液を散布することができハウス栽培に適しています。霧がビニールハウスのすみずみまで広がり、ゆっくりと落下し作物の葉の表面にまんべんなく付着します。ハウス内の飽差を適正にコントロールし作物が養分の吸収しやすい状態に整えることで作物のうぶ毛は多くなり、枝葉が起ち、葉・茎を固く引き締めます。 日常的にこまめに表面散布をすると作物の基礎体力を上げることができ、曇天が続いた後に作物が弱ってしまった後などのリカバリー力(回復力)を向上させることが期待できます。

モーターフォグイメージ

コンパクトサイズで手軽に噴霧

  • コンパクトなコンセント式
  • 電気モーター式のため操作も簡単
  • エンジン式に比べて静かで廃棄汚れもなし

モーターフォグはコパクトなコンセント式のため使いやすく短時間で気軽に散布することができます。エンジン式に比べて使用する際のわずらわしさを解消し音も静かです。操作も簡単でスイッチ をいれたら後はおまかせで時間が来たら止めるだけ(置き型噴霧方式)です。空いた時間にほかの作業をすることができ作業の効率があがります。電気モーター式なので燃焼による排気汚れもつかないためメンテンナンスにも時間がかかりません。ボディがステンレス製で湿気の多いハウス内でも清潔に保つことができます。

モーターフォグイメージ

生殖成長傾向の樹を目指す
リフレッシュはベストパートナー~

  • リフレッシュは天然のモンモリロナイト粘土を乾燥・粉砕した薬液
  • 16種類の水溶性ミネラルとケイ酸が植物生理を順調に
  • 生育に悪影響を及ぼす物質を吸着・分解

葉面散布をする薬液には天然のモンモリロナイト粘土を乾燥・粉砕した「リフレッシュ」がおすすめです。秋田県八沢木のみで産出する粘土で16種類の水溶性ミネラルとケイ酸が植物生理を順調に します。天然由来の成分なので安心してお使いいただけます。葉面散布により葉についたリフレッシュ水が未消化窒素やアンモニアのような生育に悪影響を及ぼす物質を吸着・分解しカビ、虫の元を絶ちます。また、軟弱・徒長を抑え、光合成(同化作用)を促進。品質向上と収量アップにとって大敵となるアンモニア態チッソをシャットアウトする効果もあり樹勢を良好にします。生殖成長傾向の樹となり花芽分化、着実、玉伸びを期待することができます。リフレッシュ水は葉面散布に加えて潅水にも使用することでより効果的となります。リフレッシュ水の定期的な葉面散布・潅水により、葉が起ちカビがつきにくい硬い樹質になります。

モーターフォグイメージ

選べる2タイプ

コンパクトで肩掛けの使用もできる100Vタイプとより噴霧性能の高く24時間タイマーがついているパワフルな200Vタイプをご用意しています。100Vタイプは背負い式の12ℓタンクか据え置き型の20ℓタンクがお選びいただけます(200Vタイプは20ℓタンク附属)。

CASES

導入事例

栃木県 いちご農家様
合計栽培面積3000㎡にモーターフォグ(MF100AS)をご導入

〈2019年1月ご訪問時のお客様の声〉
モーターフォグを5日に一回、10aあたり4,5Lのリフレッシュ上澄み液を噴霧されています。「今冬は寒いにも関わらず玉伸びが良く収量が安定している。」また「アザミウマ、コナジラミ、ハモグリバエ等の害虫が発生していない。」「リフレッシュ上澄み液を継続的に噴霧することが大切。」と嬉しい声をいただきました。

導入事例:モーターフォグ(イメージ) 導入事例:モーターフォグ(イメージ)
ご注文・お問い合わせ