コンパクトなエリアに最適なロボット芝刈機

DROP & MOW

PRODUCT FEATURE

コンパクトエリア
芝刈りは
これ1台で解決

NEWS

面倒で手間のかかる芝刈りを自動化しませんか?
DROP&MOWは100㎡までのコンパクトなエリアで活躍するロボット芝刈機です 。
芝の緑色を自動検知して芝刈りエリアからの離脱を防止するため面倒な境界ワイヤーの設置が必要ありません。
シンプルな操作ボタンで誰でも簡単に使用することができます。
お庭のお手入れや芝生の維持管理に最適です。

DROP & MOW(イメージ)
ロボット芝刈機 DROP & MOW
DROP & MOW(イメージ)
本製品で芝刈りを始める前に芝刈りエリアとエリア外とが明確に分かるようにし、芝刈りエリアにある障害物(葉っぱ、枝など)を取り除きます。※境界を定めないと本製品が芝刈りエリア外に出てしまうことがあります。
DROP & MOW(イメージ)
本体のカメラが緑色の芝を認識、超音波センサーが低い草木やフェンスなどの障害物を検知するため、本体が芝刈りエリアから出ることを防ぎます。
DROP & MOW(イメージ)
便利なバッテリー式。バッテリーの連続使用時間は約3時間です。
DROP & MOW(イメージ)
コントロールボタンは5つあります。機械が苦手な方でも簡単に使用することができます。
DROP & MOW(イメージ)
着脱式のキーを抜いておけば、小さい子供が触っても電源が入ることがありません。
DROP & MOW(イメージ)
本体重量は約6.8kgですので、ご高齢の方や女性の方でも持ち運び可能です。
DROP & MOW(イメージ)
本製品の防水性能はIPX4です。キーとバッテリーを取り外していただき、雨の当たらない場所での保管をお願い致します。
DROP & MOW(イメージ)
DROP & MOW(イメージ)
DROP & MOW(イメージ)
DROP & MOW(イメージ)
DROP & MOW(イメージ)
DROP & MOW(イメージ)
DROP & MOW(イメージ)
DROP & MOW(イメージ)

DROP & MOW

価格
ロボット芝刈機 DROP & MOW94,600円(税込・送料別)*
送料(本州)無料
送料(北海道・四国・九州)550円(税込)/1台あたり
送料(沖縄・離島)お問合せ CONTACT USからご連絡ください

*本体×1、充電池×1、充電器×1、替刃(3枚)×1、ネジ(3個)×1、取扱説明書の価格

〇充電池のみ: 22,000円(税込・送料別)
〇充電器のみ: 11,000円(税込・送料別)
〇替刃(9枚入り)のみ: 3,300円(税込・送料別)

 

※大型ロボット芝刈機をお探しの方は弊社のグループ会社である青梅産業株式会社へお問い合わせください。
取扱機種:HONDA Miimo、ハスクバーナー Automower、和同産業 KRONOS、やまびこ エコーロボティクス、マキタ ロボットモア
施工実績:校庭緑化、工場、自衛隊基地、変電所、農地など

DROP & MOW の使用イメージ

オートカットモード:本体のカメラが緑色の芝を認識し、ランダムな動作パターンで芝刈りエリアの芝を刈ります。(イメージ)
オートカットモード:本体のカメラが緑色の芝を認識し、ランダムな動作パターンで芝刈りエリアの芝を刈ります。
スポットカットモード:らせん状の動作パターンで芝刈りエリアの芝生を刈ります。刈り残しがある時に使用します。※数分間経つとオートカットモードに自動的に変更されます。(イメージ)
スポットカットモード:らせん状の動作パターンで芝刈りエリアの芝生を刈ります。刈り残しがある時に使用します。※数分間経つとオートカットモードに自動的に変更されます。

こんなことでお困りではないでしょうか

  • DROP & MOW(イメージ)

    ・きれいな芝生が維持できない
    ・芝が枯れたり黄色化し見栄えが悪くなってきた
    ・葉枯病やさび病が発生しやすくなった

  • DROP & MOW(イメージ)

    ・重くて取扱いが大変
    ・エンジン式のため動作音がうるさい
    ・ガソリン代の負担が大きい

  • DROP & MOW(イメージ)

    ・暑い時期に芝刈りをしたくない
    ・芝刈り作業が身体的な負担になっている
    ・芝刈りに費やす時間を別の作業にあてたい

※横にスクロールできます →

仕様概要 ロボット芝刈機
DROP & MOW
型式 VBRM1608
寸法 長さ42.5cm 幅35cm 高さ22cm
重量 6.8kg(本体6.1kg・バッテリー0.7kg)
推奨芝面積 100㎡
電池 リチウムイオン 24V 4Ah
充電時間 約2時間
連続使用時間 約3時間
刈幅 16cm
刈高 20/30/40/50/60mm
最大許容傾斜角 35%
付属品 充電池×1、充電器×1、替刃(3枚)×1、ネジ(3個)×1、取扱説明書
製品の概要

 

1. ハンドル
2. 刈り高調整ノブ
3. STOP ボタン
4. コントロールパネル
5. 超音波センサー
6. 芝検知カメラ
7. 車輪(後方)
8. バッテリー コンパートメント カバー
9. キー
10. バッテリー コンパートメント
11. 車輪(前方)
12. USB ポート ( ゴムキャップでふさがれている)
13. ブレードディスク
14. ブレードとネジ( 出荷時にブレードディスクに装着済み)
15. バッテリー
16. リリースボタン
17. バッテリー残量インジケーター
18. 充電器
19. 取扱説明書

注意事項

※本製品は草丈が6cm以下の芝を刈ることができる芝専用のロボット芝刈機です。草(雑草など)を刈ることはできませんのでご注意ください。
※本製品の防水性能はIPX4*です。少しの雨により濡れても故障しませんが、雨天の場合の稼働はお控えください。
*あらゆる方向からの水の飛沫に対して保護する(防沫)
※芝生が日陰にかかっていると緑色を認識しないことがあり、そのエリアを刈らない場合があります。
※本製品を0℃未満または50℃を超える温度で使用しないでください。
※露出した電線、散水システム等が芝生にある場合、本製品のブレードにより損傷させてしまう場合があります。壁または障害物で電線や散水システムを保護してください。

輸入元 ETG Japan株式会社
REASON

選ばれる理由

DROP & MOWイメージ

5つのボタンと1つのノブの簡単操作

DROP & MOWは5つのボタン(①スタートボタン②オートカットボタン③スポットカットボタン④超音波センサーボタン⑤ストップボタン)刈高調節ノブがついているだけです。セットアップや動作設定などの面倒な操作を覚える必要がありません。充電したバッテリーを装着してボタンを押すだけで、すぐに使用を開始することができます。シンプルなコントロールパネルのため、機械操作を覚えるのが苦手な方でも簡単に使えます。

DROP & MOWの芝刈りは5Stepの簡単操作!
Step1 バッテリーを充電(充電時間は約2時間)する
Step2 芝刈りエリアの障害物(石、葉っぱ、枝、ワイヤーなど)を取り除く
Step3 刈高調整ノブで刈高(20/30/40/50/60mm)を設定する
Step4 本製品を芝の上に置き①スタートボタンを約5秒間ほど長押しし「ピー」という音が2回鳴りランプが点灯するまで待機する
Step5 ②オートカットボタン③スポットカットボタンを約2秒間長押し後5秒以内に①スタートボタンを押す

>>>クイックガイドはこちら

境界ワイヤーいらずで手軽に導入

多くのロボット芝刈機は、本体の離脱防止のため芝刈りエリアをワイヤーで囲う必要があり、ペグで止めたり穴を掘って埋設したりする作業が発生します。DROP & MOWは本体カメラが芝生の緑色の認識し、超音波センサーが低い草木やフェンスなどの障害物を検知します。そのため境界ワイヤー(エリアワイヤー)を設置する必要がなく、手間を省き費用を抑えることができます。充電したバッテリーを装着すれば、すぐに芝刈りを開始することが可能です。

DROP & MOWイメージ

充電ステーション不要でコンパクトに収納

DROP & MOWは着脱式バッテリーを採用しているため、芝刈りエリアに充電ステーションや専用の電気配線を設置する必要がありません。コンパクトなサイズで重量は約7kg程度ですから、使用しないシーズンや他の作業を実施する間は、倉庫に保管したり別の場所に移動したりすることができ邪魔になりません。バッテリーは満充電時から約3時間の連続使用が可能です。

DROP & MOWイメージ

お好みの刈高で芝生を管理

刈高調整ノブを回すことで、刈高を20/30/40/50/60mmの5種類から設定することができます。芝生の生長状態によって10mm単位で刈高を調整することができます。使用開始直後の数週間は高い刈高(40mm以上)で芝刈りを行い、その後段階的に刈高を下げていくとバッテリーに負荷がかかりにくくなります。ある程度の刈高になれば、その後のわずかな刈りくずは土で分解されるため回収は不要となり、芝生をきれいな状態に保ちながら健全に管理することができます。

DROP & MOWイメージ

熱中症や飛び石事故のリスクを回避

夏の暑い時期の人力による芝刈り作業は、体力を激しく消耗し時には熱中症の危険も伴うことも。そんな時は自動で芝刈りを行ってくれるDROP & MOWに任せましょう。全自動による芝刈りの実施は飛び石による事故のリスクも回避してくれます。危険で面倒な芝刈りから解放され、空いた時間を別の作業に使えるようになり仕事の効率化につながります。

※本製品の使用可能温度は50℃未満です。

FAQ

よくある質問

製品についてもっと詳しく知りたいです

取扱説明書のpdfをメールでお送りすることが可能です。まずはお問合せ CONTACT USからご連絡ください。

芝以外の草(雑草など)は刈れますか?

草(雑草など)は刈ることができません。芝刈エリアに芝と草が混在している場合、芝は刈りますが草はなぎ倒すだけになります。

伸びすぎた芝生は刈れますか?

草丈が6cmを超えた場所では刈ることができません。一度、6cm以下に処理をする必要があります。

枯れた芝生は刈れますか?

本体の芝検知カメラが芝生の緑色を認識しないため刈れません。芝生が日陰にかかっている場合は芝検知カメラが認識せず、芝生を刈らない場合があります。枯れた芝生と生きた芝生が混在している場所では、緑色の芝生のみ刈り取ることになります。

障害物があっても使えますか?

超音波センサーが低い草木やフェンスなどの障害物を検知し、進行方向を変えながら芝を刈ります。超音波センサーは高さ6cm以上の障害物を検知します。石・枝・葉・ワイヤーなどは認識しない場合がありますので、事前に取り除いてください。特に石は本体に損傷を与える必要がありますので注意してください。

夕方や夜間に使用できますか?

光が届かない場所では芝検知カメラと超音波センサーが作動しないため使用できません。正常な動作には十分な日光を必要とします。

雨天の時は使用できますか?

雨天の時のご使用はお控えください。本機製品の防水性能はIPX4*ですので少しの雨で濡れても故障はしませんが、水濡れによる本製品の故障は保証対象外になります。水洗いはできません。またスプリンクラーの時のご使用もお控えください。

*あらゆる方向からの水の飛沫に対して保護する(防沫)

急な斜面で使用できますか?

最大許容傾斜角*は35%までです。35%を超える傾斜があるエリアでは使用できません。

*傾斜角:「高低差÷距離× 100」

替刃(ブレード)の交換目安と交換頻度を教えてください

刈りムラが増えたり、芝が刈れなくなったと感じた時が交換の目安になります。本体の使用頻度にもよりますが、1シーズンに1回の交換をおすすめします。点検や交換の際は保護手袋をご使用ください。芝刈機のバランスを保つため、替刃(ブレード)とネジをすべて同時に交換してください。必ず純正の替刃(ブレード)とネジをご使用ください。

本製品を使用した後に刈り残しが発生することはありますか?

芝生の際や障害物の近くは数十cm程度の刈残しが発生することがあります。場合によっては、バリカン式芝刈機やハンディ草刈機による仕上げ作業を行ってください。

1回の充電でどのくらいの面積の芝生を刈ることができますか?

芝生の状態にもよりますが、約100㎡の芝生を刈ることができます。

100㎡の芝を刈るまでにどのくらいの時間がかかりますか?

使用環境にもよりますが、所要時間は約3時間です。

動作音はどの程度ですか?

57dbです。

デモやレンタルをお願いしたいのですがご対応いただけますか?

場所が関東の方に限りデモのご相談を承ります。数が限られておりますので、まずはお問合せ CONTACT USからご連絡ください。なおレンタルは行っておりません。

故障したようなのですが・・・

弊社までご連絡ください。故障の内容により無料の場合と有償の場合があります。

Tweets by SEIKO_ECOLOGIA
youtube
ご注文
見積依頼
お問合せ