全自動温度調節換気扇

空動扇/空動扇ソーラー

PRODUCT FEATURE

ビニールハウスの
温度・湿度を
無動力全自動管理 【電源一切不要】

空動扇は施設園芸向けの無動力全自動換気扇です。
設定温度に応じてオートマチックに換気しますので手動による窓の開閉作業から解放され
節約できた時間を他の作業に充てることができます。急な温度変化にも
自動でゆるやかに作動するため農作物を温度障害から守ります。
光合成で不足しがちなCO2を取り込むことで作物の生育環境を整えます。

空動扇/空動扇ソーラー(イメージ)

空動扇/空動扇ソーラー

希望
小売価格
空動扇 1機18,000円(税・送料別)
空動扇ソーラー 1機46,000円(税・送料別)
導入価格

間口6m、奥行50m、面積300㎡のビニールハウス

空動扇で設置した場合20万円程度
空動扇ソーラーで設置した場合50万円程度
空動扇&空動扇ソーラーの混合で設置した場合30万円程度

空動扇の動作原理

施設園芸におけるリスクを軽減

埼玉県深谷市の農家さんでは効果を実感

埼玉県深谷市のネギ農家「TOSIファーム」さんでは、空動扇をネギの育苗ハウスに設置し効果を実感されています。体感的な温度が下がり、風が強い日でもビニールがはがれたり、穴が広がることがなくなり良かったとの声をいただきました。インタビュー記事はこちらからご覧いただけます。

パーツとしくみ

パーツとしくみ(イメージ)

  • ソーラーパネル(イメージ)
    ソーラーパネル

    空動扇ソーラー専用パーツです。
    内部にモーターが内蔵されており無風の日でも太陽光のエネルギーでファンを回転させます。

  • ベンチレーター(イメージ)
    ベンチレーター

    風とビニールハウス内の対流現象で上部のベンチレーター部が回転しハウス内部の熱気や湿度を含んだ空気を外に排出します。

  • 接合部(イメージ)
    接合部

    ビニールハウスと空動扇を固定するパーツです。
    クロス金具と補助パイプで固定します。

  • 接合部・スプリング(イメージ)
    接合部・スプリング

    形状記憶スプリングと換気弁がついています。温度変化でスプリングが膨張または収縮するしくみにより内部の換気弁が自動で開閉します。

    接合部・スプリング(イメージ)

仕様概要 空動扇 空動扇ソーラー
材質(本体) プラスチック成型 プラスチック成型
材質(センサー) 形状記憶合金 形状記憶合金
ソーラーキット (オプション追加可能) 単結晶太陽電池、ソーラーモーター内蔵
本体寸法 約 外形300mm × 約 高さ650mm 空動扇ソーラー:約 外形300mm × 約 高さ700mm
本体質量 約3.3kg 約3.5kg
温度調節範囲 約0℃~40℃ 約0℃~40℃
設定温度許容範囲 ±5℃ ±5℃
輸入元 済美環境化学株式会社 済美環境化学株式会社
REASON

選ばれる理由

空動扇/空動扇ソーラーイメージ

空動扇は低価格低コスト

ビニールハウスの換気を行うものは天窓換気装置、妻面換気装置、循環扇などがありますが、高額なものが多く、電気配線を新たに引き込む場合はコストが余計にかかってしまいます。空動扇は無動力で既存のハウスにも簡単に設置ができ導入後のメンテナンスもほとんど必要がありません。

空動扇/空動扇ソーラーイメージ

空動扇は管理が楽

施設栽培では換気を円滑に行い温度、湿度を適切に保つことで作物の樹勢が良くなります。しかし急激な気候の変化や人手不足により適切な環境を保持するのは大変な作業です。空動扇は設定温度に応じて自動で換気をしてくれますので天候の変化に対応が遅れ作物を傷めてしまう可能性が少なくなります。ビニールハウスのサイド巻上部分から新しい空気が入り天頂部から排出されるルートができるためハウス全体を換気することができます。温度および湿度の上昇を抑えることから農作業中の熱中症の予防にもつながります。

空動扇は自然災害に強い

台風、強風の日には空動扇のファンは最大で毎分1300回転します。ビニールハウス内の空気を素早く外へ放出する影響でビニールハウス内の気圧がさがり、ビニールとパイプが強く密着。浮き立ちを防止し裂傷、倒壊、破損といった被害を軽減します。無電源で動くため停電時にも機能しなくなることがありません。台風、強風時において空動扇を設置していないハウスに比べて被害が少ない事例が報告されています。また、空動扇は無電源で動作するので停電時でも動作し続けます。

空動扇は設置が簡単

空動扇の設置はとても簡単です。コンパスカッターでビニールハウスに穴を開けて空動扇を差し込みクロス金具と補助パイプで固定するだけです。10~15坪に1台を目安にご設置ください。

空動扇/空動扇ソーラーイメージ
空動扇/空動扇ソーラーイメージ

風のない日は空動扇ソーラー

空動扇ソーラーは風と太陽光エネルギーのどちらの動力でも稼働する全天候型モデルです。全く無風の日でも太陽光を受けたソーラーパネルがエネルギーを作り換気を行います。既存の空動扇にもソーラーパネルキットを取り付けることができるように設計していますので風の影響を受けにくい場所の空動扇に追加設置が可能です。より確実にかつ強力に換気したい場合には空動扇ソーラーをご選択ください。一棟のハウスの中で風力タイプとソーラータイプの併用の設置もお勧めしています。

空動扇/空動扇ソーラーイメージ

電源不要でランニングコストゼロ

ビニールハウス内の温度に応じて空動扇の温度調節器に内蔵された形状記憶スプリングが膨張または収縮するしくみにより内部の換気弁が自動で開閉します。弁の開閉の程度により換気する空気量が決まり弁が閉じた状態では換気は停止します。温度調節は0℃から40℃の範囲で設定ができますので栽培されている作物に応じた適切な温度に設定してお使いいただけます。さらに空動扇は無電源で動作するのでエコなうえランニングコストゼロです。

空動扇/空動扇ソーラーイメージ

手軽に換気システムを実現

電源は一切必要なく配線工事も不要です。自然の風とビニールハウス内の対流現象で上部のベンチレーター部が回転しハウス内部の熱気や湿度を含んだ空気を外に排出します。ファンの軸部分にベアリングが内蔵されており弱い風でも回転しやすい構造です。モーターもないので音も大変静かです。電気を引けない場所にも設置可能で手軽に安価で換気システムを導入することができます。

CASES

導入事例

埼玉県 株式会社TOSIファーム様
ネギ育苗ハウスの総面積約4000㎡に132機をご導入

〈2018年7月ご訪問時のお客様の声〉
ネギの発芽適温は18~22℃で高温(30℃以上)だと発芽不良になりやすいという特徴があります。導入以前は夏場の育苗時にパイプハウス内が高温になる為、苗をパイプハウスから露地に移動し潅水していました。しかし導入後はパイプハウス内の温度上昇を抑えられかつ移動も不要になり作業が効率化しました。また作業員の熱中症対策(ビニールハウス内で快適に作業ができる)としてのメリットもあります。「空動扇のおかげで大変助かっている」との嬉しいお声をいただきました。

導入事例:空動扇/空動扇ソーラー(イメージ) 導入事例:空動扇/空動扇ソーラー(イメージ)
群馬県 キュウリ農家様
資材管理用のパイプハウスに4機をご導入

〈2018年8月ご訪問時のお客様の声〉
もともと換気設備がなく、夏場はビニールハウス内が高温になり農業資材が痛むことが心配でした。空動扇導入後はビニールハウス内が涼しくなり資材を安心して保管できるようになりました。

導入事例:空動扇/空動扇ソーラー(イメージ) 導入事例:空動扇/空動扇ソーラー(イメージ)
茨城県 鉢物栽培農家様
パイプハウス65坪(間口6m×奥行36m)に4機をご導入

〈2019年7月ご訪問時のお客様の声〉
 以下の嬉しい声をいただいております。

「その日の風の強さにもよるけど風があるとけっこう涼しい」
「隣接している天窓付き鉄骨ハウスと比較しても温度が変わらない時もある」
「ハウス内が35℃超えると根が焼けて成長が止まってしまうが、空動扇の降温効果によって助かっている」

導入事例:空動扇/空動扇ソーラー(イメージ) 導入事例:空動扇/空動扇ソーラー(イメージ)
栃木県 いちご農家様
 ■ 育苗パイプハウス74坪(間口5.4m×奥行45m)に空動扇ソーラー5機をご導入
 ■ 休憩所パイプハウス18坪(間口4m×奥行15m)に空動扇2機をご導入

〈2019年9月ご訪問時のお客様の声〉
 以下の嬉しい声をいただいております。

「休憩所が涼しくなり快適に過ごせるようになった」
「台風の際、強風でハウス内を負圧にするので浮き立ちを防止しています」

導入事例:空動扇/空動扇ソーラー(イメージ) 導入事例:空動扇/空動扇ソーラー(イメージ)
ご注文・お問い合わせ