コガネムシ類発生予察(モニタリング)用資材

ニューウインズパック

PRODUCT FEATURE

ルアー
コガネムシ類を
誘引して捕獲

ニューウインズパックはコガネムシ類発生予察(モニタリング)用資材です。
性フェロモンや食物誘引物質を含んだ特殊なルアーがコガネムシ類を誘引し捕獲します。
畑・果樹園・園芸などに設置することで発生数・発生範囲・発生源といった駆除の指標となる情報が得られます。

ニューウインズパック(イメージ)

ニューウインズパック

希望
小売価格
トラップ本体セットA7,600円(税別・送料込)
●セット内容:トラップ本体・ルアー・ホルダー
●対応害虫:マメコガネ・ヒメコガネ・ドウガネブイブイ・チビサクラコガネ・スジコガネ・ツヤコガネ
トラップ本体セットB7,200円(税別・送料込)
●セット内容:トラップ本体・ルアー・ホルダー
●対応害虫:ヒラタアオコガネ・セマダラコガネ・ナガチャコガネ・アシナガコガネ・オオサカスジコガネ・シロテンハナムグリ・アオドウガネ

※ご注文の際はご注文・お問い合わせフォーム内にコガネムシ(黄金虫)の種類をご記載ください。

希望
小売価格
ルアーセットA5,000円(税別・送料込)
●セット内容:ルアー・ホルダー
●対応害虫:マメコガネ・ヒメコガネ・ドウガネブイブイ・チビサクラコガネ・スジコガネ・ツヤコガネ
ルアーセットB4,300円(税別・送料込)
●セット内容:ルアー・ホルダー
●対応害虫:
ヒラタアオコガネ・セマダラコガネ・ナガチャコガネ・アシナガコガネ・オオサカスジコガネ・シロテンハナムグリ・アオドウガネ

※ご注文の際はご注文・お問い合わせフォーム内にコガネムシ(黄金虫)の種類をご記載ください。

ニューウインズパックの使用イメージ

◆トラップの組み立て方(ルアーホルダー)

 

◆トラップの組み立て方(ボトル)

 

対象とするコガネムシの種類によって、設置する高さを変えてください。

・できるだけ風通しのよい場所を選んで設置してください。(林内など気流の淀んだ場所では十分な効果が期待できません)
・誘因力の目安は距離にして50~100m程度です。
・トラップ内が捕獲された虫でいっぱいになる前に虫を廃棄してください。設置後長時間放置すると、捕獲した虫が腐敗し、誘因効果を阻害します。(多発時には一日で一杯になることがあります。)

こんなことでお困りではないでしょうか

  • ニューウインズパック(イメージ)

    ⚠コガネムシ類の発生数を知りたい
    農作業中に作物にコガネムシ類が発生していることに気づいた。どんな種類、どのくらいの数が発生しているのかが知りたい。

  • ニューウインズパック(イメージ)

    ⚠成虫が葉や花を食害している
    コガネムシ類の成虫が葉を葉脈だけ残して食害している。また花に群がり、花が食害されて悲惨な状態になっている。作物にとって悪影響が出ているのでなんとかしたい。

  • ニューウインズパック(イメージ)

    ⚠幼虫が根を食害している
    コガネムシ類の幼虫が作物や果樹の根を食害したことで生育が悪化し枯れてしまった。すぐに対処したいが方法が分からない。

ルアーの種類

対象
コガネムシ
対象
場所
交換周期
(開封後)
有効期限
(製造後)
タブレット ボトル 誘引剤 設置の高さ
マメコガネ 芝生のメンテナンス及びマメ類やブドウの栽培 2~3カ月 1年 性ルアー
食ルアー
地表より1m前後
ヒメコガネ 芝生のメンテナンス及びマメ類やブドウの栽培 2~3カ月 1年 性ルアー
食ルアー
地表より1m前後
マメコガネ、ヒメコガネ※1 2~3カ月 1年 性ルアー
食ルアー
地表より1m前後
ドウガネブイブイ 芝生のメンテナンス及びマメ類やブドウの栽培、広葉樹の葉の食害 2~3カ月 1年 性ルアー
食ルアー
地表より1m前後
セマダラコガネ 芝生のメンテナンス及び花の栽培 2~3カ月 1年 性ルアー できるだけ地表近く
ヒラタアオコガネ 芝生のメンテナンス 2~3カ月 1年 性ルアー できるだけ地表近く
チビサクラコガネ 芝生のメンテナンス及びマメ類やブドウの栽培 2~3カ月 1年 性ルアー
食ルアー
できるだけ地表近く
アシナガコガネ 芝生のメンテナンス 2~3カ月 1年 食ルアー 地表より1m前後
オオサカスジコガネ 芝生のメンテナンス 2~3カ月 1年 性ルアー できるだけ地表近く
アオドウガネ 芝生のメンテナンス及びマメ類やブドウ等の果樹栽培 2~3カ月 1年 性ルアー 地表より1m前後
ナガチャコガネ 茶及びハスカップ等のメンテナンス 2~3カ月 1年 性ルアー 地表より1m前後
スジコガネ※2 スギやヒノキの針葉樹が存在する芝生のメンテナンス 2~3カ月 1年 性ルアー
食ルアー
地表より1m前後
ツヤコガネ※2 マメ科やイネ科の牧草地や芝生のメンテナンス 2~3カ月 1年 性ルアー
食ルアー
地表より1m前後
シロテンハナムグリ 花・栗等の栽培キョウチクトウのメンテナンス 2~3カ月 1年 食ルアー 地表より1m前後
製造元 富士フレーバー株式会社


※ 1 ヒメコガネの発生が多い場所では、ヒメコガネ用をご使用ください。

※ 2 ドウガネブイブイが発生している場所では、ドウガネブイブイが多く捕獲されることがあります。
※ 性ルアー・・・性フェロモンを使用したルアー
※ 食ルアー・・・植物誘因物質を利用したルアー
※ 直射日光を避け、暗所室温条件下で保管してください。
※ 品質保持のため冷蔵庫は40℃を超えるような場所での保管は避けてください。
※ 複数種類のニューウインズパックを同時に使用する場合、ルアーの設置間隔が近いと干渉作用を示すことがありますので、トラップは少なくとも10m以上離して設置してください。

REASON

選ばれる理由

ニューウインズパックイメージ

気軽に導入、簡単に設置できます

  • 簡単組立・簡単設置
  • 小型ボディで強力に誘引し捕獲
  • 13種類のコガネムシ類に効く

ニューウインズパックは誰でも簡単に組立・設置ができます。小型のボディ(直径140mm×高さ380mm)に特殊ルアーを装着すると、約50m~100mの距離にいるコガネムシ類を誘因し、捕獲ができます。緑色のボディは植物と同色で環境に馴染み目立ちません。特殊ルアーは2タイプあり、性フェロモンを含有したルアーは雄成虫を、植物誘因物質を含有したルアーは両性の成虫を誘引します。装着するルアーを変えるだけで13種類ものコガネムシ類に対応することができます。

ニューウインズパックイメージ

発生予察(モニタリング)で駆除の指標

発生数を把握したり、複数設置による発生源や発生範囲を特定によって、駆除の指標となる情報が得られます。その情報をもとに侵入経路を特定し、農薬・殺虫剤の散布といった具体的な対策を講じることができます。

⚠ニューウインズパックは発生予察(モニタリング)用資材です。コガネムシ類を激減させる捕虫効果はありませんのでご注意ください。

ニューウインズパックイメージ

交換周期は2~3カ月

ルアーの交換周期は開封後2~3カ月です。

※トラップ内が捕獲された虫でいっぱいになる前に虫を廃棄してください。設置後長時間放置すると、捕獲した虫が腐敗し、誘因効果を阻害しますのでご注意ください。(多発時には一日で一杯になることがあります。)

ニューウインズパックイメージ

効果のある害虫例(マメコガネ)

マメコガネは体長約8-15mm、体色は胸部が金属緑色、前翅は黄褐色のコガネムシです。成虫は6月~8月頃の年1回発生します。成虫はマメ科植物、ブドウ類、ヤナギ類などいった農作物の葉を食害し、幼虫は芝草の根を食い荒らし枯死の原因となることもあります。

ニューウインズパックイメージ

効果のある害虫例(アオドウガネ)

アオドウガネは体長約 17-26mm、体色は鈍い光沢がある緑色のコガネムシです。成虫は広葉樹の葉を食害し、幼虫はサトウキビなど植物全般の地下部を食害し枯死させるやっかいな害虫です。

※アオドウガネの生態上、成虫発生初期の予察は可能です。成虫発生後期(9月~10月)になると捕虫数が少なくなりますのでご注意ください。

ニューウインズパックイメージ

効果のある害虫例(ヒメコガネ)

ヒメコガネは体長約 13-16mm、体色は鈍い光沢がある緑色が多いですが、栗色や黒色などの色彩変異が大きいことで知られています。成虫は大豆などの農作物の葉を食害し、被害を受けた葉は葉脈だけになってしまうこともあります。

ご注文・お問い合わせ
Tweets by SEIKO_ECOLOGIA