コラム
土壌改良|植物をより健康に育てるための土づくり
2020.09.29

土壌改良|植物をより健康に育てるための土づくり

植物の生育に欠かせないものの一つに“土”があります。土には根っこを支え成長に必要な養分や水を貯え供給する機能があります。土のこのような性質は、植物が育ちやすく病気にかかりにくい環境を整えるために必要な特性です。土は植物の成長に大きな影響を与え、生産物の品質や収量に直結してしまうため、植物の生育にとって重要な要素なのです。

今回は”土”にスポットをあてて詳しく記載していきたいと思います。農業(畑)に関わらず、花壇・ガーデニング・プランターなどを利用し野菜を育てている家庭菜園の皆様にも参考になる内容かと思いますのでぜひご一読ください。

植物の成長に必要な土の機能

植物は地面に根をおろすことで全身を固定し支えるだけでなく、土から水分・栄養素などを適切に吸い上げ、全身にいきわたらせることによって成長していきます。水分・栄養素などを貯蔵し供給する土の性質や機能が栽培する植物の要求に合っていることがとても重要です。土の性質や機能は通気性・保水性・土の硬さ・pH値・保肥性・微生物の多様性といった条件によって表されます。

これらのバランスが取れている土の構造を団粒構造と表現します。土が団粒構造だと水はけが良い・肥料もちが良い・病気が出にくい・根の張りがいいといった環境が生まれます。私たちが目指す土作りの目標ですね。

●良い土の条件

1.通気性
植物も人間と同様に酸素(空気)が必要です。植物の株元に水やりをした際に、水が溜まってしまう場所と水がすぐ吸収される場所があることを経験された方は多いのではないでしょうか。水が溜まらない土は通気性の良い土で、根に酸素を供給させやすい特性があります。一方で水はけの悪い土は、根が酸素を受け取れず呼吸障害になる原因となります。

2.保水性
栄養素を根から吸い上げるためには、水分が重要な役割を果たします。水分を保つことが出来ない代表例が砂地です。砂地では養分が水によってすぐに流されてしまいます。砂漠や乾燥地帯で植物が育ちにくいのはこのことが原因です。一方で保水性が良すぎると水捌けが悪くなり、通気性が悪化することで過剰に肥料が残留し植物に悪い影響を与える可能性があります。

3.土の硬さ
土は根を支えるため、適度に根が張りやすい隙間がある構造と硬さが必要です。なぜなら土が柔らかく崩れやすい場合は、根が茎や葉を支えきれず倒れてしまうからです。また固すぎると根の成長方向に影響を受け、根菜などはまっすぐ成長できなくなることもあります。

4.pH値
多くの植物はpH値7(中性)を好みます。ブルーベリーなど、種類によっては酸性に傾いた土壌の方が育つ種類や、逆にアルカリ性を好む種類もありますがそれはごく僅かです。基本的には中性を保つようにしましょう。

5.保肥性
植物は根から栄養素を吸収し成長していきます。栄養素が適度な濃度(バランス)で土の中に存在していると根が栄養素を吸い上げやすくなります。植物が要求するタイミングで土からの栄養供給を保ち続けることができ健全に生育します。この保肥性のバランスは、通気性や保水性の影響を受けます。例えば砂地のように保水性がない土壌では水とともに肥料は排出されやすくなり、反対に粘土質の土壌では肥料は留まりやすいですが通気性が悪くなります。

6.微生物の多様性
様々な微生物が生活できる土壌環境は植物に良い影響を与えます。微生物が活躍する土壌は、有機物や無機物を原料にさまざまな化学物質を生産してくれるプラント(工場)が存在するようなものです。そこで生産される物質は病気の原因となる病原菌の増殖を抑えたり、アミノ酸の原料を作ってくれたりするといわれています。また微生物が健全に活躍している土壌は団粒構造を形成し作物が育ちやすい環境を整えます。

●土壌改良を行う時期

土壌改良を行う時期は、収穫が終わり次に定植するまでの期間が一般的です。大がかりな土壌改良には、天地返しや客土がありますが、通常は土壌資材を基肥などと同時に投入し鋤き込みます。気象条件を利用し土中の害虫駆除や雑菌の消毒を行う方法もあります。真夏のハウスを閉め切ることによる太陽熱消毒や、真冬に土を掘り返し越冬中の害虫を凍死させるなどのやり方があります。

土壌改良・土の性質に適した土壌改良剤

土壌改良の基本は土を十分な深さまで掘り返すことです。連作障害の原因になる残渣や、残った根雑草などを取り除き、根の成長阻害をもたらす小石などの除去を丁寧に行います。柔らかく深耕した土壌と土壌改良剤をよく混ぜ合わせることで、土壌改良は効果を発揮します。土壌改良剤は目的に沿って組み合わせて使いましょう。

●通気性・排水性・硬さの改善

通気性が良くない土壌は、排水性も悪い傾向があります。土の粒子が細かく、水を混ぜると粒子同士がくっついてしまい、この状態で乾くと固く締まって根が張りにくい状態になります。粘土質の土壌に多くみられ火山灰に覆われたところでも同じ傾向があります。

・バーミキュライト、バーク肥料
バーミキュライトは多孔質の鉱石で、保水・排水機能の向上に役立つと同時に微生物の住処を提供します。バーク肥料も即効性はないものの微生物の住処として機能し団粒の形成を促します。バーミキュライトやバーク肥料は肥料としての即効性は期待できません。比較的深いところ(30cm以上)まで掘り起こして柔らかくしたところに、バーミキュライトやバーク肥料を混ぜ込みます。また定植前の基肥としては落ち葉を発酵させて分解させた腐葉土・緑肥(緑肥植物)・堆肥(鶏糞や牛糞)など遅行性が期待できるものと組み合わせると効果が期待できます。

・パーライト
パーライトの原料は真珠岩や黒曜石や松脂岩です。高温で加熱することで人工的に作りだします。土壌中に適量を混ぜ合わせることによって土壌改良ができます。パーライトはいくつか種類があり、それぞれの効果が違いますので注意して使用しましょう。

●酸性土壌の改善

・苦土石灰
酸性に傾いた土地にはアルカリ性の土壌改良剤を混ぜ込む方法が一般的です。よく利用されるのが苦土石灰です。微量要素のマグネシウムを含んでいるので補給にもなります。

・ゼオライト
苦土石灰ほどではないものの、ゼオライトも有効です。バーミキュライトと同じ多孔質のため、保水性と微生物の増殖も期待できます。

●アルカリ性土壌の改善

アルカリ性土壌は酸性土壌よりもやっかいだといわれています。酸性資材を投入して中和する方法や、アルカリ成分の原因である塩類や石灰分を吸収するほうれん草やトウモロコシを栽培するやり方が知られています。酸性資材は短期間で土壌を中和する効果があります。しかし速効性を期待される肥料として使われているものもあり、使いすぎると土壌が肥料過多や酸性に傾いてしまうので注意が必要です。

・硫安(硫酸アンモニウム)
よく使われるものとしては、硫安(硫酸アンモニウム)が古くから知られています。主に葉や茎を大きくするための肥料として利用され、水に溶かして追肥として使われています。酸性資材としては即効性がありますが持続力はありません。

・無調整ビートモス
ビートモスは植物の堆積物が泥炭になる過程で形成されるといわれています。一般にビートモスと表示されている物はpHが調整されているものが多く、保水性や保肥性の改善に使われます。アルカリ性中和に使うものは無調整ビートモスといわれと強酸性(pH3.8~4.8)を示します。使用にあたっては水分を十分含ませて過剰な使用は避けましょう。

・硫酸カリ
即効性のカリ肥料として使われることがあります。カリ分が肥料として使われる結果、硫酸分が残り、アルカリ性と反応し中和効果が発生します。使いすぎるとカリの肥料過多を引き起こすと同時に、酸性に傾きすぎることもありますので使用量に注意してください。

●肥料過多や肥料欠乏している土地

肥料過多や肥料欠乏しているように見える土地のなかには、pH値が原因で投入した肥料成分やミネラル分が水溶化できず土壌成分と結合したり、反対に水捌けが良すぎて肥料成分が逃げ出していることがあります。

肥料過多は窒素過多の場合が多いようです、特に基肥として多く使用される堆肥は鶏糞や牛糞を含んだ動物由来の有機物を含み、肥料の3要素の窒素分が必要以上に多く含まれている場合があります。使い切れなかった窒素成分が残留することにより、窒素過多になります。窒素過多の土壌はさまざまな害虫や病原菌を発生させる温床となります。pH値が正常で肥料過多の場合、圃場に水をためて過剰分を溶け出させて排出することにより改善できる可能性があります。

肥料の欠乏している土地は、休耕地であったりしばらく圃場として利用していなかった土壌で見受けられます。腐葉土や堆肥を投入し地道に土地づくりを行う必要があります。

土壌改良におすすめな資材地力の素

そこでご紹介したいのが天然腐植質の土壌改良資材地力の素です。カナディアンロッキー酸の高純度フルボ酸質の土壌改良材で、土壌に混和することで土壌を改善します。一般的な堆肥に含まれる腐食酸の含有率は1~2%程度といわれていますが、地力の素はフミン酸・フルボ酸などの人工的に生成することが難しいとされる腐植物質が濃縮(70%以上)されています。病害がひどく収穫が安定しない場合や、連作により収量が低下している場合など、土壌改善が必要な圃場におすすめです。

土壌環境を改良して農作物の健全育成を

農作物が成長していく上で非常に重要な土壌改良。病害虫に強い健康な作物を育てることができれば収量の増加につながります。作物の特徴にあった土壌環境を整えていきたいですね。今回のコラムを皆様の作物づくりに少しでもお役立ていただけると幸いです。

おすすめ記事
Tweets by SEIKO_ECOLOGIA
セイコーエコロジアのソリューション
お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ