コラム
ナスの育苗ポイント|失敗しない苗作りのコツ
公開日2022.01.27
更新日2022.01.28

ナスの育苗ポイント|失敗しない苗作りのコツ

夏野菜の代表格であるナスの播種は1月下旬頃に始まります。播種から約120日の生育期間を経て収穫できるようになり、気温が高くなる夏にかけて収穫量も増えていき、上手く管理すれば秋口まで収穫を続けられます。このような長期間収穫できる体力を株につけさせるには、育苗期に充実した苗を作ることが不可欠です。充実した苗の基本は『根張り』です。今回のコラムでは、根量の多い充実したナスの苗を作るポイントとコツを紹介したいと思います。

ナスとは

ナス(茄子)はナス科の植物でピーマンやトマトと同じです。原産国はインドといわれています。日本へは中国(当時の唐朝)を経由して7世紀ごろに伝わったとされています。『鎌倉殿の13人』の第3話にもナスが登場しており、平安時代末期には現代の伊豆半島周辺でも栽培されていたのかと思います。

ナスは強い日射と高温を好んで旺盛に成長します。水分要求量と栄養も多く必要です。原産国のインドも高温多湿なので(地域によりますが)、ナスは日本の夏野菜であるという結びつきが容易に想像できるのではないでしょうか。

ナスの病気

ナスは水分要求量が多い果菜類ですが、排水不良地には弱いとされています。実際にナスで発生する代表的な病害に“ナス青枯病”があります。ナス青枯病の原因は土壌伝染性の細菌(バクテリア)です。高温期に地温が高くなると発生が顕著で、発生初期は一部の枝葉が萎れているだけですが日に日に萎れる範囲が広がり、数日後には株全体が萎れてしまいます。農薬による回復は見込めません。元々土壌に潜伏していた細菌が、高温になると水を伝って根から侵入して罹患させます。罹病株の果実を収穫をしたハサミを使って健全株の収穫を行うと、切り口に菌が侵入し感染する原因となります。対策は、「高温を避ける温度管理をすること」「土壌の排水性を良好にして多湿にしないこと」「土壌消毒を行うこと」などが挙げられます。それでも発生してしまった場合は、罹病株を放置せず、発見次第株ごと抜き取り栽培に影響のない場所で処分します。

ナスの害虫

ハダニ、アブラムシ、コナジラミなど多くの農業害虫に侵されますが、最も厄介な害虫はアザミウマです。果皮を吸汁し、かさぶた状の被害痕を残します。アザミウマは露地栽培でもハウス栽培でも発生し、気温やハウス温度が高くなってくると発生は顕著になります。アザミウマは、いわゆる難防除害虫であり近年は農薬に対する抵抗性を高めています。そのため、露地栽培ではバンカー植物であるソルゴーを植えて天敵生物であるタバコカスミカメを利用すると生物的防除が可能になります(ハウス栽培でのタバコカスミカメのバンカー植物にはスカエボラとバーベナが利用できるようです)。ハウス栽培では目合いが0.4mm程度の防虫ネットを設置してハウス外からアザミウマの侵入を防ぎ物理的防除を行うことができます。その際、アザミウマの目には見えない赤色の防虫ネットを使用すると効果が高まるといわれています。

ナスのタネまきの時期|発芽率を上げるコツ

 

ナスの種まきの時期は1月下旬から2月上中旬にかけてです(作型や栽培地によります)。発芽適温は25~30℃ほどで、播種後3~5日ほどで発芽します。播種は育苗箱やセルトレイを利用します。いきなりポットに播種してしまうと発芽しない種子もあるので育苗管理の効率が悪くなってしまいます。

発芽率を上げるコツ

① 培土の選定

培土は保水性、排水性、通気性に優れたものを使用します。石の多い培土は発芽後の定着と苗の自立性に悪影響を及ぼすので避けるようにします。少々値段が高くなっても、播種用の培土は良いものを購入することをオススメします。

② 鎮圧を行う

鎮圧とは、播種して覆土を行った後に少し上から土を抑え固めることです。鎮圧することによって「灌水時の種子の流亡を防ぐ」あるいは「気相と液相(=孔隙率)のバランスを良くして種子の乾燥を防ぐ」ことで発芽率が向上します。あまり強く土を固めすぎると発芽しても地上に芽が出なくなるので注意します。

ナスの育苗管理のポイント|健苗に仕上げるコツ

発芽後本葉が2~3枚ほどになったらポットに鉢上げ(移植)をします。これ以上本葉が出すぎると生長に伴って伸びてくる根が絡み合ってしまい鉢上げ時に根を傷つける原因となります(育苗箱の場合)。あるいは、葉と葉が重なり合ってしまい受光態勢が悪くなって光合成を妨げます。

健苗に仕上げるコツ

① 徐々に大きなポットへ移植する

最初の鉢上げでいきなり大きなポットに移植することは避けましょう。場所を取ってしまうだけではなく灌水の手間も大きくなってしまいます。また、幼苗の根がまだ十分に張っていないので培土中の肥料が灌水によって溶脱してしまい無駄が発生します。

2回に分けて徐々に大きなポットに移植することをオススメします。

② 苗の成長にあわせてポットの間隔を広げる

苗の成長に従ってナスの葉が大きくなっていきます。葉は大きくなると葉と葉が重なり合ってしまい受光態勢が悪くなって光合成効率が悪くなります。当然生長も悪くなるので苗の大きさや草勢にバラツキもでてしまいます。ナス苗が大きくなることにあわせて葉が重ならないようポットとポットの間隔を十分に確保しましょう。

③ 接ぎ木をする

接ぎ木をすることでナス青枯病や半身萎凋病などの土壌伝染性の病害を予防することができます。台木は、品種改良によって作られた土壌病害に強いナスを使用します。接ぎ木方法は、割り接ぎ、挿し接ぎ、斜め接ぎなどがあります。接ぎ木は土壌病害にとても有効的ですが、失敗すると穂木も台木も台無しになってしまい、接ぎ木苗を準備するメリットがなくなってしまいます。自身の成功率の高い方法を選ぶのが良いでしょう。

④ アーバスキュラー菌根菌を利用する

アーバスキュラー菌根菌は、いわゆる有用性土壌微生物です。ナスの根に共生して水分と養分の吸収を手助けします。また、アーバスキュラー菌根菌はナス苗の根量を増やし耐病性を上げる役割も担ってくれます。一般的には定植時にアーバスキュラー菌根菌を施用することが多いですが、幼苗の段階で施用したほうが収穫期間の長いナスでは有効効果の恩恵を長く享受することができます。

こちらのコラムも是非ご覧ください

>>>菌根菌とは?菌根菌の利用方法や増やし方について解説

>>>菌根菌と根粒菌の違い|共通点と役割を徹底解説!!

丈夫な苗に仕上げる農業資材をご紹介|キャンディダパラプシローシス生菌製剤

 

セイコーエコロジアはナスを含めた殆どの植物種に利用できる<キャンディダパラプシローシス生菌製剤>を扱っています。キャンディダパラプシローシス生菌製剤は、アーバスキュラー菌根菌を含有しており、植物の根に共生させることで健苗に仕立てる手助けをします。本剤はパーライトに生菌を定着させているためとても取り扱いやすく、共生率も非常に高いことが特徴です。

アーバスキュラー菌根菌は、古く硬くなった根よりも若く柔らかい根(あるいは根端)のほうが共生の確率が高まります。つまり、定植してから時間が経ちしっかり根付いた株よりも育苗中の根が活発に動いている株(苗)のほうがアーバスキュラー菌根菌の共生に最適というわけです。

キャンディダパラプシローシス生菌製剤の使い方

手順①

ポットへ鉢上げ後の幼苗の株元に施用します。化成肥料を追肥するような感覚で施用できます。

手順②

施用後は苗に灌水をします。パーライトが飛び散らないように優しく灌水します。灌水することによってパーライトに定着していたアーバスキュラー菌根菌が流れ落ちて土中の根に到達するイメージです。

手順③

施用後の農薬散布は3~7日間を空けます。銅系農薬、ファンタジスタ顆粒水和剤、トップジンM、ゲッター水和剤、ベンレート水和剤などはアーバスキュラー菌根菌との相性が悪いことが確認されているため必ず上記の間隔を開けるようにします。

手順④

早ければ1~3日間で共生が完了します。あとは育苗中、定植後の生育と耐病性向上に期待をします。

健全苗を作ってスタートダッシュを成功させよう

見た目にも悪い苗を定植して、収穫に大きな期待をよせても思い描いた収穫はできないでしょう。だからといってたくさん肥料を与えては肥料焼けや発根量に影響を及ぼします。

そこに苗作りの重要性と難しさがあります。ナスは家庭菜園でも比較的栽培しやすい農作物ですが、その場合は園芸店での購入苗が殆どです。育苗だけにスポットを当てると、そうそう上手くいかないのがナスの難しいところです。
世の中に育苗補助資材はたくさんありますが、有用土壌微生物アーバスキュラー菌根菌を活用したナスの育苗をセイコーエコロジアはおすすめします。育苗中の根張りにお困りの方はキャンディダパラプシローシス生菌を試してみてはいかがでしょうか。

今回のコラムが皆様の参考になれば幸いです。

こちらのコラムも是非ご覧ください!

>>>トマトの育苗ポイント|健康で丈夫な苗を作るコツを解説

>>>苗が徒長したらどうすればいいの?原因と対策を解説します

おすすめ記事
Tweets by SEIKO_ECOLOGIA
youtube
セイコーエコロジアのソリューション