コラム
イチゴの増やし方と苗作り|イチゴ農家が夏にやることとは!?
公開日2022.07.05
更新日2022.07.05

イチゴの増やし方と苗作り|イチゴ農家が夏にやることとは!?

多くのイチゴ農家さんは5月いっぱいで収穫が終わり、6月に入るとハウスの片づけと育苗の準備が始まります。7月になると親株から子株を切り離し、8~9月にかけて苗の育成をします。日本の殆どのイチゴは施設栽培されているため、定植面積が確定していることから逆算すると必要となるイチゴの苗数は自ずと確定してきます。イチゴ農家の多くは翌年の定植苗を自らの圃場でランナーからの苗取りによって確保するため、播種したり購入したりして調達することは少数派です。つまり、必要とする苗をランナーからの苗取りによって確保しなければならないという課題が存在するということです。
 今回のコラムでは、ランナーからの苗取りの方法と定植準備を含め、夏の期間に行うイチゴ農家のやること、ちょっとしたコツについて徹底解説したいと思います。なお本コラムでは冬イチゴにおける所謂鉢受け方式或いは鉢上げ方式によって採苗を行ったケースを想定して執筆させていただきます。

ランナーから伸びる子苗の選び方

冬から春になるにつれて気温が上がり日長時間が長くなってくると、イチゴは徐々に生殖生長から栄養生長に傾いてきます。簡単に解説すると生殖生長は花を咲かせて果実を実らせること、栄養生長は花を咲かせないで自身の生育を進めることをいいます。イチゴの場合、生殖生長から栄養生長への切り替わりの目安にランナーの発生を挙げています。
ランナー(ほふく茎)を発生させるためのイチゴ株を親苗といい、一般的に秋~春の間に植え付けます。例えば露地栽培で苗採りを行う場合は、11月頃に親苗を植えつけます。寒冷紗など寒さ対策をして越冬させますが、筆者の経験上、春先に親苗をプランターやポットに植え付けるよりも冬場に露地に定植した方が、根の張りも良くなるのでランナー数が多くなると考えています。親株の定植前には勿論、元肥としての肥料、栄養生長に傾いて旺盛にランナーが発生する頃に株元に追肥をするなど土作りをしっかり行います。
ランナーの先には子苗が生じ、子苗から子苗と連続して形成が進みます。とくに最初に形成される子苗を農家は便宜上太郎苗と呼んでいます。太郎苗から形成される子苗を次郎苗、次郎苗の次は三郎苗、次は四郎苗と順々に数が加算された呼び名で表現しています。これらの子苗は適度な水分と湿度が与えられると発根し、土壌に活着して、ランナー切り離し後は独立して生育することが可能で、これを次作の定植苗に使用します。

発根しやすい子苗と発根しにくい子苗

筆者は数年間のイチゴ栽培の経験がありますが、経験上、発根しやすい子苗と発根しにくい子苗をある程度簡単に判断することができます。まず発根しやすい子苗ですが、「次郎苗以降の柔らかく若い苗で、発根部位が茶色に日焼け(変色)していないもの。なおかつ、ランナー径が多少細いもの(ランナーが若いと径も細い)の方が発根率が高い」と判断しています。発根しにくい苗は「太郎苗を含む若くない苗(老化苗)で、老化した苗は次郎苗でも発根が悪い。発根部位が茶色に日焼けしたもの。」と判断しています。発根部位が日焼けする現象は、ベンチの上でプランターを使って苗採りをする場合や防草シートなどを敷いた上で苗採りを行う場合に、夏の強い日射と高い温度の影響で発生が多くなります。

子苗の育成方法

ランナーの先に発生する子苗は、発根する前はランナーを頼りに親株から水分や養分を供給してもらって成長します。子苗が大きくなる過程で条件が整うと発根が進み、根量と根長が大きくなるにつれて少しずつ養水分的にも物理的にも自立できるようになります。このとき、発根が進む前に子苗をピンなどを使って固定しないと、子苗が寝た状態で発根が進んでしまい正常な苗にならなくなってしまいます。通常子苗は発根部位が湿った土壌に接すると発根が進みますが、旺盛な品種は土壌がなくてもベンチや防草シートの上でも発根が進みます。ピンなどでランナーと子苗の付け根を固定することで立った綺麗な苗に仕上げることができます。
培養土を充填したポットに子苗を受けた後は灌水に注意が必要です。ポットは地面の土壌と違って灌水をしないと土壌水分が供給されません。露地の地面で苗採りをしていた場合、発根がある程度進んで自立していた子苗をポット受けした途端に萎れてしまうことが度々発生します。萎れの殆どはポットに灌水をしなかったことに起因します。ポット受けを行なう時期は夏なのでポットの水分はあっという間になくなって、子苗が吸水する水分は失われます。これを解決するために、地面にポットを半分ほど埋め込む方法があります。ポット側面からの日射量が減少するため、ポット水分の蒸発が抑制でき子苗の萎れによる失敗を防ぐポイントです。

関連するコラムはこちら
>>>イチゴの育苗方法について-育苗の手順、育苗の種類や苗の増やし方を解説

子苗の切り離し

十分な根量と根長が確保できたら子苗をランナーから切り離し独立させます。切り離しは親株側のランナーを3cmほど残します。これには2つの理由があります。1つ目はイチゴ炭疽病とイチゴ萎黄病に罹患するリスクを軽減させるためです。どちらの病気も土壌性の植物病原微生物が原因で泥撥ねなどの水の移動によって植物の傷から侵入します。イチゴではランナー切り口や摘葉の傷口から侵入することが多く、ランナーを少し残すことで土壌と傷口(切り口)の距離を開けることが目的です。2つ目は定植をスムーズに行うためです。イチゴの花房は通常同じ向きから発生します。苗が地際に傾いている方から発生するため、ランナーを切り残す側とは反対側になります。イチゴの定植には一定短期間で行わなければ頂果房収量に悪影響を与えます。そのためアルバイターやパートさん、或いは技能実習生など農家より不慣れな方も協力して行われるイチゴの定植がよりスムーズに効率よく行われる工夫も考慮されています。

子苗の育苗方法

ランナーから切り離した子苗は定植までの間に育苗を行い、クラウンの充実を図ります。クラウンは摘葉ごとに大きくなるため、クラウンの充実は言い換えると、葉をたくさん展開させることになります。この時期のイチゴはおよそ一週間に1枚のスピードで葉が展開します。子苗の葉数は風通しやハダニなどの害虫発生も考慮され3~4枚程度で管理されますが、作業性も考慮すると、摘葉は一週間に1回ほどです。この摘葉作業をランナー切り離しから定植までの約2か月間に行い、大苗だとクラウン径は小指ほどになります。農家さんの工夫によって、クラウン径は鉛筆ほどに仕上げることもあります。

定植タイミングと定植後の作業の準備

育苗した子苗は検鏡して花芽分化が確認できたときに定植を行います。このタイミングより早くても遅くても頂果房収量に影響が及びます。花芽分化より早く定植を行うと、花芽の分化が遅れます。これは花芽分化が窒素の低下によって引き起こされることに起因しています。花芽が分化してから遅れて定植を行うと、頂果房に十分な栄養を供給することができず収穫量が減少します。このためイチゴ農家は検鏡という重要な作業によって定植期を判断しています。

定植後の作業の準備

どんな野菜も同じですが、イチゴは定植したら収穫を待つばかりの植物ではありません。定植後の大きな作業はマルチング、ビニール張替、電照の取り付けです。勿論、この間にランナー取り、消毒、摘葉や補植(病害苗の植換え)などの作業も行います。このなかでも最も大変な作業はマルチングです(筆者はマルチングが最も厳しい作業です)。暑いビニールハウスの中で作業するので体力的にかなり厳しいですが、苗の真上に穴を開け続ける作業が相当にしんどい作業です。ビニール張替は風の吹かない乾いた日に行います。風が少しでも吹いているとビニールが風に煽られてしまい、ハウスの中心にビニールが合わせられないだけではなく何かに引っ掛かって破れてしまったり、ビニールがぐしゃぐしゃになって使い物にならなくなる恐れもあります。電照の取り付けは上を向いて行う作業という点では大変ですが、短い一定期間に行わなければならないマルチングやビニール張替よりも気が楽な作業です。電照の発光確認を行うことを怠ると、電照期間に慌てて電球を調達しなければならなくなるのでしっかり準備をしておきましょう。

関連するコラムはこちら
>>>イチゴの育て方~たくさん収穫する栽培のコツと病害虫対策~

イチゴ栽培を快適にする農業資材

いちご用LED電球

いちご用LED電球は従来の白熱電球よりもイチゴの光合成を促すことに最適な色の光を含んでいます。最適な色の光とは、赤色光、遠赤色光、白(青)色光です。光合成の促進によって葉面積、草丈や新葉の展開、或いは2番花3番花がもたつかないで出てくるなど好影響を及ぼします。イチゴ株から1.4~1.8mの高さ、2.5m間隔で設置すると効果が高まります。日当たりの悪い場所に建っているハウスへの適用もおすすめしております。

キャンディダパラプシローシス生菌製剤

キャンディダパラプシローシス生菌製剤にはイチゴの根に共生する有用土壌微生物アーバスキュラー菌根菌が含まれています。アーバスキュラー菌根菌はイチゴにリン酸を供給する働きを持っており、開花促進や果数増加などの有効効果が期待できます。キャンディダパラプシローシス生菌製剤はイチゴの苗の段階で施用すると、定植後に施用するよりも共生率が格段に高くなります。これはアーバスキュラー菌根菌が根の柔らかい根端部分に共生しやすいことに起因しており、子苗はポットという限られた範囲にしか根を伸ばせないのでキャンディダパラプシローシス生菌製剤を施用しやすくなっているからです。

イチゴ栽培に利用できるアミノ酸資材オルガミンの導入事例は下記をチェック!!
>>>いちごの樹の立ち方がVの字に!オルガミンの効果を実感|篠宮ファーム

丈夫な苗を育ててスタートダッシュを成功させよう

正直なところイチゴ栽培初心者や家庭菜園レベルならばイチゴの苗採りは難しい作業ではありません。しかし、生産農家レベルになると気を使う難しい作業だと思います。イチゴ農家の収入は頂果房で左右されるところが多く、言い換えると、どのような苗を仕上げるかで頂果房収量が左右されます。育苗中に大切な苗を萎れさせようものなら、イチゴの体力や花芽分化に大きな悪影響を与えるため絶対に萎れさせてはいけません。
イチゴの育て方や育苗については別のコラムでも紹介しています。そちらも是非参考にイチゴ苗作りをしてみてはいかがでしょうか。

こちらのコラムも是非ご覧ください
>>>アザミウマ類からイチゴを守れ!
>>>イチゴ栽培で葉面散布をするべき理由とは?|効果と対策を徹底解説

おすすめ記事
Tweets by SEIKO_ECOLOGIA
youtube
セイコーエコロジアのソリューション
ご注文
見積依頼
お問合せ