導入事例
農薬混合OK!オルガミン散布で粒張りがとても良くなりました|岡田ぶどう農園
公開日2022.06.23
更新日2022.06.23

農薬混合OK!オルガミン散布で粒張りがとても良くなりました!|岡田ぶどう農園

群馬県みどり市でブドウ農園を営む岡田さん。2022年4月からブドウにオルガミンを葉面散布しており、今回は作の中盤である6月にオルガミンの使用感想をお伺いさせていただくため岡田さんのブドウ農園にご訪問させていただきました。
インタビューでは、オルガミン導入の動機や岡田さんのブドウ栽培に対するこだわりなど色々なお話を聴かせていただきました。

岡田さんのブドウ農園について

農園名
(仮称) 岡田ぶどう農園
農園の立地
群馬県みどり市
就農歴
16~17年(ブドウ一筋!!)
従業員数
岡田さんと、5人のパートさん(計6人)
主な販売先
直売所
オルガミン使用歴
1年目
主なオルガミンの使用方法
葉面散布(1,000倍)
品種
シャインマスカット・ナガノパープル・クイーンニーナ・藤稔・BKシ―ドレスなど30品種
農地面積
90 a (シャインマスカット20a・ナガノパープル10a・クイーンニーナ10a etc.)
収穫量
400~500房 / 樹(シャインマスカット・藤稔)

 

 

岡田さんとブドウ農園|独立後に多品種栽培へ

セイコーエコロジア 小島
岡田さんがブドウ農園を経営するに至ったきっかけを教えてください。

岡田さん
もともとアパレルの仕事をしていましたが、16~17年前に妻のお義父さんのブドウ農園で修行を始めました。このブドウ農園のハウスが数年前の大雪で全壊してしまう大被害に見舞われたのですが、そのタイミングで色々な品種を改植して、経営も独立して現在に至っています。
義父のブドウ農園では8~9割の面積で巨峰を栽培していて、いまも経営しています。ここからすぐ近くにあるんですよ。

セイコーエコロジア 小島
独立後はどのような経営をされているのですか。

岡田さん
いまは9反の面積でブドウだけを栽培しています。この地域のブドウ農園では平均的な面積規模ですね。1町歩くらいのブドウ農園が多いです。広いところだと2町歩あります!
収穫したブドウはすべて直売所で売っています。足利市や太田市からも足を延ばしてくれるお客様もいますし、固定客の方が多いのでとても助かっています。群馬県では直売所でブドウを販売する農園がすごく多いですね。

セイコーエコロジア 小島
品種や収穫量はどのくらいありますか。

岡田さん
品種は30品種あります。一番広い面積で栽培しているのはシャインマスカットで2反あります。ナガノパープルとクイーンニーナは1反ずつ。ほかにも藤稔や巨峰などありますが、色々な品種を栽培してみたくなって今は30品種を栽培しています。
収穫量は年によって変動がありますが、シャインマスカットと藤稔は1本の樹から400~500本採れます。

岡田さんとオルガミン|粒張りがとても良くなりました!

セイコーエコロジア 小島
今回はじめてオルガミンをご購入していただきましたが、どこでオルガミンを知ったのですか。

岡田さん
YouTubeです。オルガミンを使用している農家さんの使用感想を聞いて自分も使ってみたくなりました。セイコーエコロジアさんのホームページを見つけて、こちらで購入を決めました。

セイコーエコロジア 小島
これまで使用されていた葉面散布剤もあったと思いますが、そこからオルガミンに切り換える要因は何だったのですか。

岡田さん
これまで使用していた葉面散布剤は5年間ほど使っていました。光合成や糖度の改善ができてとても良かったのですが、ボルドーなど農薬と混合できないこと、群馬県の防除歴に合わないことに課題を感じていました。
それと、「海由来の資材を使用したい」「モリブデンを含んだ資材を使用したい」と考えていました。オルガミンは農薬混合OK+海由来+モリブデン含有の葉面散布剤だったのでちょうど良いと思いました。

セイコーエコロジア 小島
オルガミンはどのように使用していただいていますか。

岡田さん
農薬と一緒に1,000倍で散布しています。今日(6月21日)までに6回散布しました。

セイコーエコロジア 小島
ここまでオルガミンを使用してみてどのような効果を感じていますか。

岡田さん
まだ初期生育の段階ですが、粒張りがとても良いと感じています。どうしても摘粒が遅れてしまう事情があるのですが、摘粒が遅れるとブドウは粒張りが悪くなります。もともと粒張りを改善したいと思っていたし、葉も厚くなっている気がするので、オルガミンにはとても助けられています。

セイコーエコロジア 小島
良い効果を感じていただいて大変嬉しく思います!そんなオルガミンですが、敢えて気になるところを挙げて頂くことはできますか。

岡田さん
やはり臭いが気になりますね。海由来といっても魚が原料の資材なので仕方ないと言えば仕方ないです。でも、いままで使用していた別の葉面散布剤も臭かったですよ(笑)

岡田さんのブドウ栽培へのこだわり|ニーズに合ったブドウを

セイコーエコロジア 小島
岡田さんがブドウ栽培を行う上でこだわっていることを教えてください。

岡田さん
先ほども少し話しましたが以前はアパレルの仕事をしていました。流行り廃りのある業界でしたが、アパレルもブドウも一緒だと考えています。つまり、お客様のニーズに合ったブドウを提供することにこだわりを持っていて、品種が多くなっているのはこの理由にもよります。

セイコーエコロジア 小島
ブドウにおけるお客様のニーズとはどのようなものですか。

岡田さん
「皮ごと食べられる種なしブドウ」だと考えています。たくさんの品種を栽培していますが実際に良く売れる品種はシャインマスカットやナガノパープルなどです。見栄えが良く、贈答用にも喜ばれてリピーターさんもたくさんいます。将来は皮ごと食べられる種なし品種を集めて販売できるように成ればと考えています。果物離れする人が多くなっていると聞きますが、このような品種で差別化を図れば多くの方に受け入れてもらえるのではないでしょうか。

セイコーエコロジア 小島
最後になりますが、オルガミンを検討している方へメッセージをお願いします。

岡田さん
私は元来新しいものに興味を持っています。特殊肥料なんかはたくさん売り出されていますが、「肥料は兎に角使って試してみよう」と考えています。使ってみて合わなければ切り換えればいいのです。なので、オルガミンも先ずは使ってみるということです。

おわりに

今回の導入事例では、群馬県みどり市でブドウ農園を経営する岡田さんにオルガミンの使用感想をお伺いさせていただきました。ご訪問時のブドウはまだまだ生育の中盤で収穫期まであと1~2か月という生育状況でした。岡田さんのブドウ農園には8月頃に再訪させていただく予定です。オルガミンの使用結果が今から楽しみです!

イチゴ農家さまのオルガミン導入事例はこちら

>>>いちごの樹の立ち方がVの字に!オルガミンの効果を実感|篠宮ファーム

ご注文・お問い合わせ
Tweets by SEIKO_ECOLOGIA
youtube