コラム
オルガミン 品質収量UPに活躍
2019.11.27

オルガミン 品質収量UPに活躍

「オルガミンを使いはじめてから玉の大きさが目に見えて大きくなり、『これは強いなあ』と感じた」と話す青森県黒石市でサクランボ作りに勤しむ倉内信一さん(56歳)。3年前からアミノ酸入り葉面散布肥料「オルガミン」を導入。今では全ての作物に活用し、収量増加など、これまでにない成果を上げている。

驚きの声を上げるベテラン農家

トマトやキュウリなどの野菜をはじめ、サクランボ、リンゴなど、さまざまな農作物に効果を発揮。1000倍に希釈して薬散の度に混用散布して使うだけで果実の肥大・花が落ちにくいなどによる収量増加や好樹勢の生育に貢献する。1年目より効果を発揮することも珍しくなく「いろいろなアミノ酸系の肥料を試したけどインパクトの強さは一番」と驚きの声を上げるベテラン農家が続出している。

例年との違いを感じる

 

山梨県内でモモとブドウを生産しているKさんもその一人。参加している勉強会で「オルガミン」の存在を知り、今年から使用して、例年との違いを感じている。

モモは約20aのほ場で黄金桃、ブドウは約70aの面積で今人気のシャインマスカットをはじめ、巨峰やピオーネなど、数十種類の品種を生産している。黄金桃は収穫が終了して見ることができなかったが、ブドウは収穫前のシャインマスカットを見せてもらった。一房500~600gくらいで粒の大きさも申し分ないブドウを指さし、「ここはオルガミンを2回使った。日照不足で、味の上りが遅れ気味だったが、気に入ったブドウは結構できた」とのこと。余談だが、お土産にいただいたシャインマスカットは我が家の子供に大好評。敏感な子供が目を丸くして頬張る姿を見れば、糖度がのっている何よりの証拠だ。

美味いものを作る手助けを

 

1年目なために比較できないというが、黄金桃で例年との違いを感じたという。4月から9月の間に計6回使用したところ「収量は昨年と比較して多かった。特に感じたのは葉の色。色が濃く厚みがかった葉が例年以上に多く感じた」と話す。

6年目の働き盛りの木なので自然増もある、と前置きしつつも、「オルガミンの効果はあったと判断している。異常気象が常態化し、収量や質の向上を目指す環境は年々厳しくなっている。そんな中で、美味いものを作る手助けをしてくれれば」と期待していた。

 

農村ニュース(国際農業新聞社)発行より記事抜粋

おすすめ記事
Tweets by SEIKO_ECOLOGIA
セイコーエコロジアのソリューション