アザミウマ・ヨトウムシ・夜蛾対策のLED防虫灯

モスバリア

PRODUCT FEATURE

アザミウマ類や
ヨトウ・夜蛾類を
LED
行動抑制・拡散防止

「モスバリア」は露地・ビニールハウス向けのLED防虫灯です。
LEDの光がアザミウマ類やヨトウ・夜蛾類の行動を抑制し拡散を防止します。
害虫の生息密度を低下させ、繁殖を一世代で止めることで果実・野菜・花の被害が減少します。
また薬剤散布のコストや労力削減、天敵昆虫のコスト削減に貢献します。

※注 モスバリアは農薬のようにアザミウマ類やヨトウ・夜蛾類を死滅させるものではありません。

モスバリア(イメージ)

モスバリア

希望
小売価格
モスバリアジュニアⅡレッド80,000円(税・送料別)
モスバリアジュニアⅡグリーン70,000円(税・送料別)
カメムシキャッチャー35,000円(税・送料別)
導入価格

間口7.2m×3、奥行50m、面積1080㎡連棟ビニールハウス

レッドを設置18万円程度
グリーンを設置16万円程度

モスバリアの設置及び防除のイメージ

こんなことでお困りではないでしょうか

  • モスバリア(イメージ)

    ⚠葉や実を加害し売り物にならなくなります
    食害を受けた作物は色や形が変化したりするなど商品としての価値が著しく低下してしまいます。

  • モスバリア(イメージ)

    ⚠ウイルスの媒介となり病気が蔓延
    食害を受けるだけでなく害虫がウイルスの媒介となる可能性もあり対処が遅れると被害が広がり収量が減少してしまいます。

  • モスバリア(イメージ)

    ⚠農薬を散布する回数が増える
    害虫が発生すると駆除するための手間が増え労力も増加します。身体的・経済的な負担が大きくなります。害虫によっては抵抗性が発達し農薬が効きにくくなります。

仕様概要 モスバリアジュニアⅡ(レッド) モスバリアジュニアⅡ(グリーン) カメムシキャッチャー
型式 KTJⅡ-01(R) KTJⅡ-01(G)
LED色 赤色 緑色
光の範囲(1ルクス) 半径15m
700㎡
半径18m
1000㎡
サイズ φ74mm
高さ460mm
φ74mm
高さ460mm
φ380mm
高さ518mm
重量 850g 850g
電源・W数 100V
25W
100V
25W
電気代/月 200円/月 200円/月
対照害虫
アザミウマ類(ミナミキイロアザミウマなど) ヨトウ・夜蛾類 チャバネアオカメムシ
製造元 株式会社ユニコ 株式会社ユニコ 株式会社ユニコ
設置目安 半径15m(700㎡)に1機 半径18m(1,000㎡)に1機
使用目安 日の出1時間前~日の入り1時間後 日の入り1時間前~日の出1時間後
⚠︎注意 モスバリア本体を設置するためのコンセント口の電圧は「ホット⇔コールド100V・ホット⇔アース100V・コールド⇔アース0V」を推奨しています。200Vの幹線から引込している環境の場合、トランスを通して100Vへ減圧をしても上記の推奨環境になっておらず、何らかの原因により本体が故障する可能性があります。

設置前には電圧テスターで計測を行い、推奨環境になっていない場合は電気工事士にご相談いただき推奨環境の設定をお願いいたします。推奨環境で設置せずに故障した場合や、アースをつながずに設置し故障した場合はメーカー保証ができかねますので予めご了承ください。

 

REASON

選ばれる理由

モスバリアイメージ

農薬量を抑える防除方法でランニングコストをカット

  • LEDの光でアザミウマ類、ヨトウ・夜蛾類の行動を抑制し拡散を防止
  • 害虫の生息密度を低下、繁殖を一世代でストップ
  • 果実や野菜、花の被害を防ぐ

モスバリアのLEDの赤色光(波長600~650nm)と緑色光(波長500~600nm)は露地やビニールハウス内の直径十数mに照射されることにより、アザミウマ類やヨトウ・夜蛾類の行動を抑制し拡散を防止します。成虫が飛べなくなるので雌成虫の産卵機会が減少し、次世代の幼虫数が減少する効果により害虫の繁殖を一世代でストップさせます。害虫の生息密度が低下することにより葉、花、果実の食害・吸汁害を防ぎます。

モスバリアイメージ

農薬使用量、農薬散布労力の削減

  • 農薬散布回数の減少(農薬使用量減少)
  • 農薬散布による労力負担減少
  • 天敵昆虫の導入数減少

モスバリアは害虫の生息密度を低下させますので、農薬の散布回数を減らすことができます。それに付随して農薬散布による身体的負担や経済的負担も軽減するので、節約できた時間やお金を他の部分に充てることができます。また天敵昆虫の導入数も抑えられるというコストメリットもあります。

モスバリアイメージ

モスバリアジュニアⅡレッドはアザミウマ類の行動を抑制し拡散を防止

アザミウマ類は多くの薬剤に対して抵抗性を持ち(かつ抵抗性が発達しやすく)、有効な薬剤が非常に少ないという難防除害虫です。農薬散布だけではアザミウマを防除することは難しく、対処に大変な労力がかかります。

モスバリアの赤色LED(波長600~650nm)は半径15mに1ルクスの光が届きます。日中に約12時間程度(日の出1時間前~日の入り1時間後までの照射を推奨致します)照射するとアザミウマ類の成虫は方向感覚が麻痺し飛べなくなります。作物に赤色があたることで植物体の緑色を識別することが困難になり、植物体への誘引や定着が妨げられます。雌成虫の産卵機会が減少し次世代の幼虫数が減少しますので1世代で繁殖をストップさせる効果があります。

⚠夜間照射してしまうとアザミウマ類を誘因してしまうのでご注意ください。

~ 効果的な使用方法 ~

  1. 種まき・定植と同時に点灯し最後まで継続して使用する
  2. 農薬でアザミウマを防除してから点灯する
  3. 葉裏対策に白マルチなどの反射シートを併用する
  4. 天敵農薬との併用や状況に応じて農薬散布も行う
  5. 赤色ネットを併用する

>>「バラ栽培における実証実験の報告書」はこちらからご覧いただけます
>>「効果的な使用方法」はこちらからご覧いただけます

モスバリアイメージ

モスバリアジュニアⅡグリーンはヨトウ・夜蛾類の行動を抑制

モスバリアの緑色LED(波長500~600nm)は半径18mに1ルクスの光が届き、夜間約12時間程度(日の入り1時間前~日の出1時間後までの照射を推奨致します)照射するとヨトウ・夜蛾類の成虫は昼間と認識(明反応)します。明反応すると自然の中に溶け込み天敵の捕食から逃れようと行動を止めます。その結果、交尾・産卵行動が阻止されますので、雌成虫の産卵機会が減少し次世代の幼虫数が減少しますので1世代で繁殖をストップさせる効果があります。

モスバリアイメージ

無農薬・減農薬栽培にモスバリア

モスバリアを使用すれば減農薬で害虫の被害を抑えることができます。またLED光による行動抑制ですので薬剤耐性による心配もございません。無農薬や減農薬のイチゴ狩りやブルーベリー狩りを経営されている観光農園様必見です!!

モスバリアイメージ

安心の日本製、防水加工

モスバリアは日本製なので安心・安全。電源コンセント以外は防水加工がされておりますので露地でも安心してお使いいただけます。表面はポリカーボネート製ですので透明度が高く耐候性に優れていますので長期間の使用にも耐えられる仕様となっています。

⚠モスバリア本体を設置するためのコンセント口の電圧は「ホット⇔コールド100V・ホット⇔アース100V・コールド⇔アース0V」を推奨しています。200Vの幹線から引込している環境の場合、トランスを通して100Vへ減圧をしても上記の推奨環境になっておらず、何らかの原因により本体が故障する可能性があります。設置前には電圧テスターで計測を行い、推奨環境になっていない場合は電気工事士にご相談いただき推奨環境の設定をお願いいたします。

低消費電力、長寿命

モスバリアジュニアⅡは25Wと低消費電力です。消費電力がとても少ないためコスト面を気にせずに長時間点灯できます。一日10時間点灯させても電気代は約200円ですので電気代の心配はいりません。またLEDの寿命は4万時間ですので約10年間の点灯使用にも耐えられる長寿命な仕様となっています。

モスバリアイメージ

LED光は花粉交配用昆虫や天敵昆虫に対して影響はありません

モスバリアのLED光は花粉交配用昆虫のミツバチやマルハナバチ、天敵昆虫のカブリダニ類の使用に対して悪い影響を及ぼすことはございません。農薬のように有益昆虫や天敵昆虫を駆除してしまうことがないため安心して使用することができます。

モスバリアイメージ

防蛾灯直下のカメムシの集合散乱を防ぐカメムシキャッチャー

防蛾灯を点灯しているとチャバネアオカメムシが集合することがあります。そんな時は「カメムシキャッチャー」。防蛾灯近くに漏斗上の捕虫器を設置することで効率よくカメムシを防除することができます。

クサギカメムシやツヤアオカメムシには効果がありません。

CASES

導入事例

東京都 ナス農家様
間口11.5m×奥行33m=379.5㎡にモスバリアジュニアⅡレッド1機をご導入

〈2019年12月ご訪問時のお客様の声〉
東京西部でトマト、キュウリ、セロリ等の多品目の野菜を栽培されている生産者様です。「アザミウマは確かにいますが拡散や葉・実の吸汁被害が減りました。その結果、果形のよいナスが収穫でき、A品率が増え収入増になりました」「農薬散布も毎週やらないといけない状態だったのが2週に一回の散布でよくなりました」「こういったメリットを考えると十分元が取れる商品だと感じていいます」また「先日の東京農業祭(11/2~11/3)にナスを出品したところ農林水産大臣賞を受賞できました」と嬉しい声をいただきました。

 

〈2020年7月ご訪問時のお客様の声〉
「ナスの葉っぱと果実がツルツルになりました」「農薬の散布回数が半分になりコスト削減になりました」「赤色のネットとの併用でより効果が高まります」「来年はスマートキャッチャーと併用することでさらに効果を高められるといいです」と嬉しい声をいただきました。

導入事例:モスバリア(イメージ) 導入事例:モスバリア(イメージ) 導入事例:モスバリア(イメージ) 導入事例:モスバリア(イメージ)
千葉県 Blueberry Park(ブルーベリーパーク)様
モスバリアジュニアⅡグリーン合計8機をご導入

■パイプハウス
間口5.4m×奥行48.6m=262.44㎡に2機
間口5m×奥行30m=150㎡に1機
  
■露地
間口36m×奥行24m=864㎡に2機
間口30m×奥行25m=750㎡に3機

〈2019年8月ご訪問時のお客様の声〉
Blueberry Park(ブルーベリーパーク)様は千葉県成田市で無農薬のブルーベリー狩りと栽培を行っておられます。昨夏に害虫のハマキガ(葉巻き虫)が大量発生した際は手作業で一日に5時間もかけて防除されており困っておられました。大阪の農業展示会の際に弊社ブースにてモスバリアに興味をお持ちいただきご導入いただきました。「梅雨が明けてから、20匹くらいハマキガの幼虫が出てきましたが、他のハウスと比べると10分の1以下なので非常に効果がありました」と嬉しい声をいただきました。初回に2機ご購入いただき、効果を感じられ追加で3機ご購入いただきました。

 

〈2020年5月ご訪問時のお客様の声〉
新たに栽培面積を拡張したため、追加で3機ご購入いただきました。3機中1機は圃場への侵入防止用として圃場の外に設置されています。

導入事例:モスバリア(イメージ) 導入事例:モスバリア(イメージ)
大葉農家様
総ハウス面積5568㎡にモスバリアジュニアⅡレッド合計10機をご導入

■鉄骨ハウス
(間口6m×6連棟=36m)×(奥行58m)
=2088㎡に4機
(間口8m×3連棟=24m)×(奥行50m)
=1200㎡に2機
(間口8m×3連棟=24m)×(奥行47.5m)
=1140㎡に2機
(間口8m×3連棟=24m)×(奥行47.5m)
=1140㎡に2機

〈2019年9月ご訪問時のお客様の声〉
西日本で大規模に大葉の栽培を行っておられる生産者様です。「アザミウマの被害が大幅に減りました」「天敵昆虫(スワルスキ―カブリダニ)と同等以上の効果を感じますし、今シーズンは天敵昆虫の導入をしなくてもよくなりました」「5568㎡で年間10万円前後かかっていました天敵昆虫コストが削減されかつ薬散の労力が大幅に削減されました」と嬉しい声をいただきました。

導入事例:モスバリア(イメージ) 導入事例:モスバリア(イメージ)
栃木県 いちご農家様
総ハウス面積2385㎡にモスバリアジュニアⅡレッド合計6機をご導入

■鉄骨ハウス 
(間口6m×5連棟=30m)×(奥行52m)
=1560㎡に4機
(間口6.6m×5連棟=33m)×(奥行25m)
=825㎡に2機

〈2019年9月ご訪問時のお客様の声〉
日本一のいちご産地である栃木県で土耕でいちご栽培をされている生産者様です。春先にサイド換気を開けるとそこからアザミウマが飛び込み増殖し、いちごの実が黄色く変色し収穫できない実が増えると困っておられました「モスバリアの拡散防止効果にとても期待しています」と嬉しい声をいただきました。

 

〈2019年10月ご訪問時のお客様の声〉
定植してから半月が経過しました。「例年だとアザミウマによる被害花が発生しています(黒くなって花が萎れる)が今年はまだ一花も発生していません」と嬉しいの声をいただきました。

 

〈2019年12月ご訪問時のお客様の声〉
「アザミウマによる被害が全くありません。モスバリアの効果だと感じています」と嬉しい声をいただきました。

 

〈2020年1月ご訪問時のお客様の声〉
「モスバリアを設置しているハウスは、付近に耕作放棄地や麦畑がありアザミウマが入りやすい環境ですが、例年と比較してアザミウマの生息数が少ないと感じています」「今年は気候が暖かくアザミウマが活動しやすい環境が整っているにも関わらず被害果がほとんどありません」「去年は連続して被害に遭う果実がありましたので、必ず週に一回は農薬(脱皮阻害剤)を散布していましたが今年は月に一回だけの農薬散布で済んでいます。モスバリアがアザミウマ対策の保険として機能していると思います」と嬉しい声をいただきました。

 

〈2020年4月ご訪問時のお客様の声〉
「アザミウマ被害が増え始めましたので薬散と天敵昆虫の導入をしています。モスバリアはアザミウマ被害の防止をしてくれています」「薬散・天敵昆虫とモスバリアの併用は必要」と声をいただきました。

導入事例:モスバリア(イメージ) 導入事例:モスバリア(イメージ) 導入事例:モスバリア(イメージ) 導入事例:モスバリア(イメージ)
栃木県 いちご農家様
総ハウス面積1,004.4㎡にモスバリアジュニアⅡレッド合計4機をご導入

■鉄骨ハウス 
(間口9m×2連棟=18m)×(奥行33m)
=594㎡に2機
■パイプハウス 
 間口5.4m×奥行76m)
=410.4㎡に2機

〈2020年9月ご訪問時のお客様の声〉
栃木県壬生町で高設いちご栽培をされている生産者様です。今シーズンは栃木県の新品種「とちあいか」の栽培を本格的に開始されるとのこと。ハウス側に貯水池があり春先にサイド換気を開けるとそこからアザミウマが飛び込みことに困っておられ、昨シーズンにデモ機をお貸出ししたところ、アザミウマの発生が激減。今シーズンに向けて4機をご購入いただきました。「モスバリアの効果にとても期待しています」と嬉しい声をいただきました。

 

導入事例:モスバリア(イメージ) 導入事例:モスバリア(イメージ)
ご注文・お問い合わせ
Tweets by SEIKO_ECOLOGIA