低価格・低ランニングコストで白熱電球からの移行

農業用LED電球

PRODUCT FEATURE

最適な波長
最適な作物の成長

野菜と花の育成に必要な波長を調べ最適なLEDチップを選択し開発している植物育成用のLED電球です。
「いちご用」「菊・大葉・シソ用」「補光用」「トルコギキョウ用」とラインナップしています。
必要な波長の光をメインに照射できる照明で大変効率的です。曇天や雨天が多い時期および秋冬といった太陽光の日照時間の
少ない時期に電照時間を増やし作物の生長しやすい(二酸化炭素の吸収しやすい)環境を人工的に作りだします。
低消費電力でありながら照度が高く、明け方や夕暮れ時にも適度な明るさの確保を補助するため
農作業の作業効率維持を支援いたします。ほとんど紫外線も出さず害虫の行動が抑制される効果も期待できます。

農業用LED電球(イメージ)

農業用LED電球

価格

間口6m、奥行50m、面積300㎡のビニールハウス 9Wで18万円程度

いちご用LED電球 9W¥3,900(税別・送料別)
菊・大葉・シソ用LED電球 9W¥3,700(税別・送料別)
補光用LED電球 20W¥5,800(税別・送料別)
補光用LED電球 40W¥9,800税別・送料別)

大量注文で割引いたします。部会、組合でおまとめいただけるとお得です。

『いちご用LED電球』の使用イメージ

日照不足の悪影響でお困りではないでしょうか

  • 農業用LED電球(イメージ)

    ⚠農作物の生育を阻害
    日照が不足すると光合成が順調に行われず作物が栄養素を効率的に吸収できなくなり軟弱徒長気味になります。

  • 農業用LED電球(イメージ)

    ⚠病気にかかりやすくなり収量が減少
    栄養を吸収しにくくなり病気の多発が心配されるため薬剤により防除散布を行う手間もふえます。

  • 農業用LED電球(イメージ)

    ⚠軟弱徒長気味になり収量や品質が低下
    樹勢が弱り収量が落ちたり品質が低下してしまいます。売り物にならず収益を圧迫します。

仕様概要 いちご用LED電球 菊・大葉・シソ用LED電球 補光用LED電球20W 補光用LED電球40W
型番 BT-9D-RWFR BT-9C-RW BT-20C-RW BT-40C-RW
波長 赤色 630nm 青色 460nm 遠赤色 735nm 赤色 630nm 青色 460nm 赤色 630nm 青色 460nm 赤色 630nm 青色 460nm
消費電力 9W 9W 18.5W 40W
入力電圧 90~264VAC 90~264VAC 90~264VAC 90~264VAC
周波数 50/60Hz 50/60Hz 50/60Hz 50/60Hz
力率 ≥0.95 ≥0.95 ≥0.95 ≥0.95
全光速 678.02lm 878.16lm 1495.30lm 2749.80lm
重量 180g 180g 400g 1,100g
ほぼ白色(赤色・白色) ほぼ白色(赤色・白色) ほぼ白色(赤色・白色) ほぼ白色(赤色・白色)
放熱材料 マグネシウム合金 マグネシウム合金 マグネシウム合金 マグネシウム合金
信頼性認証 PSE/CE/ROHS PSE/CE/ROHS PSE/CE/ROHS PSE/CE/ROHS
動作温度 -20~50℃ -20~50℃ -20~50℃ -20~50℃
寸法 H108×φ78mm H108×φ78mm H150×φ120mm H230×φ170mm
口金 E26 E26 E26 E39
トップカバー セミクリア セミクリア セミクリア セミクリア
製造元 アスター株式会社 アスター株式会社 アスター株式会社 アスター株式会社
REASON

選ばれる理由

農業用LED電球イメージ

低コスト低消費電力

9W(補光用は20W、40W)と消費電力がとても少ないためコスト面を気にせずに長時間電照でき、契約アンペア内で同時使用できる数量に違いが出ます。コストは白熱球の1/10以下、蛍光灯の1/3以下です。寿命も長くランニングコストを気にせずに理想的な栽培環境の構築が可能となります。

農業用LED電球イメージ

作業しやすい明るさ

植物育成用LED電球は低電力にもかからわずルクス数が高く農作業がしやすい環境を整えます。光量が一定で白熱球や蛍光灯のように照度が落ちてくることがありません。真っ赤な光だけでなく白い光も使用しておりますので夜間でも見やすく目が疲れにくい仕様となっています。

安心の防水加工、軽量仕上

ビニールハウスでの散水、水滴落下、多湿に耐えるためにソケットの接触部分を圧着し防水を強化しています(防水規定IPX5 相当)。トップカバーには結露を防止する通気孔があり結露蒸発後のシミの発生を抑えるため照度が落ちにくい仕様です。重量が軽く頭にあたっても安全で既存の配線コードも垂れ下がりません。

安心の2年保証

LED電球の故障率は1パーセント未満です。またご購入後2年以内において、通常使用にもかかわらず不点灯といった製品不良が発生した場合は無償で交換致しますので安心して長期間ご利用いただけます。

白熱電球から簡単移行

このLED電球は一般的によく使われているE26口金タイプです。既設の白熱電球が同じE26口金でしたら追加工事なく既存の配線一式をそのままご使用いただけます。白熱球や蛍光灯と比較して消費電力が低いため電気代が安くなることが期待できます。また、寿命が長いので白熱電球と比較して交換の手間を省くことが可能です。

LED光源を利用し栽培するメリット

植物の生育促進に適していると言われる光は3種類。光合成を促す赤色、茎を太く実を大きく葉を厚くするという青色、開花を促進させる遠赤色があります。LED電球は蛍光灯に比べて波長のコントロールがしやすいため農作物に適した色の組み合わせで電球を作ることができ効果的な栽培を行うことができます。発光側は発熱しませんのでビニールハウス内が温まりすぎにくく、太陽光が不足気味のシーズンも収穫量を安定させる効果が期待できます。

農業用LED電球イメージ

いちごの栽培に最適なLED電球

栃木県、福島県、東京都、大阪府のいちご生産者様に「いちごLED電球」をご導入いただいております。2.5mごとに1球を設置していただき、曇天時や雨天時が続く際に日没後3時間から5時間点灯していただくことで“生育促進”“休眠防止”“収量確保”といった効果が期待できます。

CASES

導入事例

東京都 世田谷いちご熟様
いちご用LED電球を本圃の補光・日長延長用としてビニールハウス3棟に計77球ご導入

■ ビニールハウス
  間口9m×奥行19m=171㎡
  間口9m×奥行37m=333㎡
  間口9m×奥行37m=333㎡

〈2019年12月ご訪問時のお客様の声〉
『世田谷いちご熟』様は都会の閑静な住宅街の真ん中でいちご狩り農園を開園されています。導入されてから1週間後に訪問しました。曇天時の補光、また夕方16時から3時間点灯の日長延長として使用されています。「いちごの収量が向上することを楽しみにしています」「夜間に点灯するとハウスが綺麗に見えるので夜のいちご狩りも計画したいです」と嬉しい声をいただきました。

 

〈2020年1月ご訪問時のお客様の声〉
導入されてから1カ月後に訪問しました。朝方3時間と夕方3時間の点灯、天気が完全に曇りの時は昼間の時間帯にも点灯されています。いちごLED電球の効果に関して、去年と比較し潅水のやり方を変えているため複合的に考えるとどの程度なのか判断するのは難しいですが感覚的なところで次のように感じていると話されていました。「ハウスの南側部が建物の陰になり日当たりが悪い場所があります。例年だとその場所は着果数が少ないのですが今年は着果数が増えました。全体的に見ても今年は曇天が続いたにも関わらず昨年よりも実りが良いです。また今年は初期の株の状態が悪かったのですがLEDの効果で生長が追い付いてきました。LEDの導入により、本来植物が欲しい光(足りなかった光)が補えたためにこのような良い効果が出ていると感じています」

 

導入事例:農業用LED電球(イメージ) 導入事例:農業用LED電球(イメージ) 導入事例:農業用LED電球(イメージ)
栃木県 いちご農家様
いちご用LED電球を育苗ハウスの補光、本圃の日長延長として50球ご導入

〈2018年7月ご訪問時のお客様の声〉
日本一のいちご産地である栃木県で土耕でいちご栽培をされています。いちごLED電球はナイヤガラの空中採苗による補光用として午前6~11時の5時間で電照されており、「根の量が多くなりました」「以前は日照不足によって生育不良を起こしていた苗がありましたが導入前と比較して樹勢が向上しました」と嬉しい声をいただきました。現在は本圃で日長延長用として使用されています。

 

〈2020年1月ご訪問時のお客様の声〉
ガスコンロを簡易的な加温設備として使用した小型パイプハウス2棟にて電照されていました。「例年だとハウス内温度が低いこともあり生育が悪いですが、LED電球の効果によって新葉の上がり方が早いです」と嬉しい声をいただきました。

導入事例:農業用LED電球(イメージ) 導入事例:農業用LED電球(イメージ)
ご注文・お問い合わせ
Tweets by SEIKO_ECOLOGIA