農業用微生物製剤

キャンディダパラプシローシス生菌製剤

PRODUCT FEATURE

菌根菌の力
農作物の
生育促進・収量増加・土壌改良

キャンディダパラプシローシス生菌製剤は農業用微生物製剤です。
アーバスキュラー菌根菌が農作物の根に共生して菌糸を伸ばすことでリン酸や水分を効率よく吸収し、根張りを良くします。
農作物の生育促進・収量増加・土壌改良に効果を発揮します。

キャンディダパラプシローシス生菌製剤(イメージ)

キャンディダパラプシローシス生菌製剤

価格
キャンディダパラプシローシス生菌製剤 2ℓ(袋)9,350円(税込・送料別)

共生の注意点とポイント

キャンディーダパラプシローシス生菌製剤は微生物資材であり生き物なので共生するための注意点とポイントがあります。

①キャンディーダパラプシローシス生菌製剤の施用前と施用後の農薬散布については以下を参考にしてください。

 

 

*野菜類は3~5日間、マメ類は3日間、イモ類(ジャガイモやサトイモ等の種芋)は7日間程度の間隔を開けてください。化学合成農薬の影響で菌根菌の共生が阻害されてしまいます。

 

②ポットやトレーを用いた育苗での使用を推奨。株元に施用することで共生確率UP!!

本生菌は若い根の根端から良く共生します。育苗中の幼苗の時期は菌根菌が最も共生しやすいタイミングです。この時、苗の株元に施用することで共生の確率がアップします。

 

③施用後は必ず灌水をする。

本生菌資材はパーライトに菌根菌を保持させています。灌水することでパーライトから菌根菌が流れ出して根まで行き着きます。この時、勢い良く灌水するとパーライトが飛び散り共生の確率が下がってしまうので優しく灌水してください。灌水量はたっぷりとポットやトレーから水が染み出すほどが目安です。

 

④土作りの際の元肥や堆肥などと一緒に施用しない。

生菌は植物に共生しやすい反面、寿命が短いです。土作りの際に圃場全体に施用してしまうと播種や定植までに時間がかかり、根も近くにないため共生の確率が減少してしまい十分な効果が期待できません。

 

⑤もみ殻燻炭などの炭化資材は菌根菌共生の手助けをします。

炭は菌根菌の住処として古くから知られています。土作りの際にもみ殻燻炭などの炭化資材を混入さすることで共生の確率がアップすることが期待できます。

>>>アーバスキュラー菌根菌ともみ殻燻炭に関するコラムはこちら

こんなことでお困りではないでしょうか

  • キャンディダパラプシローシス生菌製剤(イメージ)

    ⚠生育が悪い
    根量が少ない苗は活着が悪く、定植後の初期生育が不良になります。

  • キャンディダパラプシローシス生菌製剤(イメージ)

    ⚠収量が上がらない
    リン酸吸収が不十分だと開花・結実が抑制するため収量が減少してしまいます。

  • キャンディダパラプシローシス生菌製剤(イメージ)

    ⚠土壌改良をしたい
    乾燥気味の土壌は農作物にストレスを与え健全な生育を妨げます。また、土壌病原菌による被害は生育と収量に悪影響を与えます。

仕様概要 キャンディダパラプシローシス生菌製剤
製品番号 WKN-TW-02000
包装容量 2ℓ(袋)
微生物種 キャンディダパラプシローシス
含有菌数 60,000個以上/1mL
保持資材 パーライト(滅菌処理済)
有効期限 製造より1年以内(下記の保管条件にて)
直射日光の当たらない冷暗所保存(4~10℃保存を推奨)・凍らせないでください
・乾燥させないでください:しっかり袋取り出し口を密閉して保存
・長時間高温になる場所に放置しないでください
使用方法 ◆種から栽培⇒1.25mL~2.5mL/苗

基本的には、双葉が出て本葉が出た時期に苗の根元に撒き、散⽔してください。参考:⼩さじ1杯で2.5mL 程度になります。育苗トレイでの幼苗の栽培では1.25mL 〜1.5mL でも⼗分に効果が期待できます。(パーライトの粒径や⽔分量で多少変動します)

◆少し⼤きくなった苗からの栽培⇒ 2.5 〜5mL /苗

幼苗時期に撒くことを推奨していますが、ある程度⼤きくなった苗の場合は、散布量を増やしたり、範囲を広めに撒いたり、あるいは茎の根元に数カ所の⽳を開けてそこに埋め込むなどが⼯夫が必要です。散⽔については、製剤を散布後にスプレーなどで噴霧して苗に接触させるようにすれば微⽣物が根に内⽣する確率が⾼まります。

⚠︎注意 微⽣物製剤は軽いので、勢いよく散⽔すると⾶び散ったりして、根元から離れてしまうことがありますので注意して散⽔してください。育苗に使⽤するポット、トレー、プレート、苗床などは、少し深めのものを選ぶようにしてください。(根巻き防⽌セルトレイを推奨)
製造元 ワケンビーテック株式会社

 

◆期待できる効果と効果的な使用方法のヒント

作物名 期待できる効果 効果的な使用方法のヒント
いちご 1.親株の根張りを良くする

2.子株(太郎、次郎)の抵抗性誘導を高める

1.親株のクラウンに散布
幼苗1株あたり2.5mL を目安に(露地栽培の場合 5mL 以上を推奨)散布します。大きくなった購入苗には10 〜 20mL 程の散布をおすすめです。( 2.5mL = 小さじ 1/2)親株に散布後、 18 ℃以上を保ち 、 水分を十分に摂取すると微生物の共生が始まります 。注)殺菌剤等を使用する場合は、 微生物施用後 72 時間以上を経過してから用いるようにしてください 。 微生物と同時に施用すると 、微生物 の効果がなくなります。2.子株への施用(アイポット利用例)
親株への施用だけでもランナー数が増え、その性質は子株にもある程度は引き継がれますが、基本的には、子株以降にも微生物製剤を根元に散布することをお勧めしています。(2.5mL 程度)
トマト 果実重量の増加

メロン 収量増加

・メロン(ルピアレッド)
幼苗時(双葉が出て本葉が出てくる頃まで)に0.5~1.0g程度撒いて散水します。(育苗トレー使用時0.5g、接木や露地への直蒔き時1.0~2.0g散布を推奨)

REASON

選ばれる理由

生育促進・収量増加・土壌改良で大活躍するアーバスキュラー菌根菌を含有

有用土壌微生物のアーバスキュラー菌根菌は政令指定土壌改良資材の中で唯一の微生物資材です。宿主植物へのリン酸と水分供給による生育促進および収量増加と根圏微生物の多様化による土壌改良効果が期待できます。

>>>アーバスキュラー菌根菌ともみ殻燻炭に関するコラムはこちら

共生までの時間が格段に速い生菌を採用

生菌を使うことによって従来の菌根菌資材よりも共生しやすくなりました。従来の菌根菌資材では植物根への共生に7日以上必要とされていましたが、キャンディーダパラプシローシス生菌製剤の場合は速ければ24時間以内に共生が成立します。

キャンディーダパラプシローシス生菌製剤 従来の菌根菌資材
共生までの時間 1~3日間 5~7日間以上
共生条件 ・適度な水分
・根が近くにあること
・適度な水分と温度
・根が近くにあること
・植物からストリゴラクトン等のシグナルが必要
メリット ・共生条件が少なく安定的に共生できる ・資材を常温保存できる
・圃場に施用できる
デメリット ・資材の低温保存(4~10℃)
・株元施用を推奨
・共生条件が多いため共生にバラツキがある
キャンディダパラプシローシス生菌製剤イメージ

根を伸長させ植物を健康な状態へ導く

菌根菌が根の中に共生し、伸ばした菌糸を使って宿主植物にリン酸を供給します(代わりに菌根菌は宿主植物から光合成産物を分け与えられます=相利共生)。また共生関係を築くことで宿主植物のホルモンバランスに刺激を与え、病害抵抗性や環境ストレス耐性を高めて健康な状態へ導く効果が期待できます。

キャンディダパラプシローシス生菌製剤イメージ
キャンディダパラプシローシス生菌製剤イメージ

根張りが良くなり耐乾燥性が向上

キュウリの曲がり果は水分不足が原因です。栽培試験結果(写真左:生菌製剤なし 写真右:生菌製剤あり)の通り、根張りが良くなり乾燥に強くなることで秀品率がUPする効果が期待できます。

またピーマンにおいても同様で栽培試験結果(写真左:生菌製剤なし 写真右:生菌製剤あり)の通り、試験区は乾燥に耐えて葉が立っていることが確認できます。

注目のバイオスティミュラント資材

キャンディダパラプシローシス生菌製剤はバイオスティミュラント資材に適合します。バイオスティミュラントとは『植物や⼟壌に施し、より良い⽣理状態を植物にもたらす様々な物質や微⽣物等の資材及び技術』を指し、欧米では2011年に関係団体が発足したことで浸透し認知が進んでいます。日本においても「日本バイオスティミュラント協議会」を設立し、今後の研究開発や市場開拓に関心が集まっています。

>>>バイオスティミュラントに関するコラムはこちら

キャンディダパラプシローシス生菌製剤イメージ

根を伸長させ植物を健康な状態へ導く

菌根菌が根の中に共生し、伸ばした菌糸を使って宿主植物にリン酸を供給します(代わりに菌根菌は宿主植物から光合成産物を分け与えられます=相利共生)。また共生関係を築くことで宿主植物のホルモンバランスに刺激を与え、病害抵抗性や環境ストレス耐性を高めて健康な状態へ導く効果が期待できます。

有機農業に利用できます

キャンディーダパラプシローシス生菌製剤は有機JAS資材リストに登録されているため有機農業でお使いになれます。化学肥料を投入できない痩せ気味の農地でも効率的に植物へリン酸を供給することで生育促進や収量増加が期待ができます。

有機JAS資材リスト登録JASOM-190404

FAQ

よくある質問

リン酸をよく吸収するそうですが、リン酸の施肥量を減らしてもよいのでしょうか?

土壌の栄養状態にもよりますが、減らすことが可能です。菌根菌は土壌のリン酸量が多いと活動が抑制されます。土壌診断を行った上で、適正値よりリン酸の養分状態が低い場合のほうがむしろ菌根菌の効果を得やすいと言われています。

耐水性が向上するそうですが、水やりの回数を減らしてもよいのでしょうか?

水やりの回数は通常通りに行ってください。

水耕栽培でも使用できますか?

いわゆる湛液型や完全に養液だけで栽培する方式では使用できません(菌根菌は土壌の中で生存できる菌です)。

菌根菌は全ての農作物に使用できるのですか?

一部使用できない植物が存在します。アブラナ科やアカザ科などは菌根菌と共生することができないと言われています。

製剤使用の前と後に農薬を散布してもよいのですか?

散布できない期間があります。

農薬散布から本製剤使用までに1~2週間の間隔を開けてください。また、本製剤使用から農薬散布までに3~7日間の間隔を開けてください。特に銅系農薬、ファンタジスタ顆粒水和剤、トップジンM、ゲッター水和剤、ベンレート水和剤などは菌根菌との相性が悪いことが確認されているため必ず間隔を開けるようにしてください。この期間を設けていただければ上記農薬も使用が可能です。

低温保存とのことですが家庭用冷蔵庫の保存は可能ですか?

可能です。

冷暗所の4~10℃で保存をしてください。保存の際はしっかり密封してください。チルド室、パーシャル室、冷凍室は温度が低すぎるので絶対に入れないようにしてください。

ご注文・お問い合わせ
Tweets by SEIKO_ECOLOGIA
youtube