農業用微生物製剤

キャンディダパラプシローシス生菌製剤

PRODUCT FEATURE

菌根菌の力で
力強く健康な苗

キャンディダパラプシローシス生菌製剤は農業用土壌微生物製剤です。
アーバスキュラー菌根菌が農作物の根に共生してリン酸や水分を効率よく吸収し、根張りを良くします。
播種~育苗期に施用することで健康な苗を作ることができ定植後の生育に差をつけます。
果菜類をはじめとした野菜の生育促進・収量増加・土壌改良に効果を発揮します。

キャンディダパラプシローシス生菌製剤(イメージ)
キャンディダパラプシローシス生菌製剤(イメージ)

キャンディダパラプシローシス生菌製剤

価格
キャンディダパラプシローシス生菌製剤 2ℓ(袋)9,350円(税込・送料別)

キャンディダパラプシローシス生菌製剤の<使い方>と<ポイント>

 

<ポイント①>
施用前後の農薬散布は間隔を空ける

 

 

*野菜類は3~5日間、マメ類は3日間、イモ類(ジャガイモやサトイモ等の種芋)は7日間程度の間隔を開けてください。農薬の影響で菌根菌の共生が阻害されてしまいます。

<ポイント②>
施用後は必ず灌水をする

本生菌資材はパーライトに菌根菌を保持させています。灌水することでパーライトから菌根菌が流れ出して根まで行き着きます。この時、勢い良く灌水するとパーライトが飛び散り共生の確率が下がってしまうので優しく灌水してください。灌水量はたっぷりとポットやトレーから水が染み出すほどが目安です。

<ポイント③>
育苗培土に炭を混ぜると効果的

土づくりの際にもみ殻くん炭などの炭化資材を混入さすることで共生の確率がアップすることが期待できます。

>>>アーバスキュラー菌根菌ともみ殻くん炭の解説はこちらのコラム

 

<ポイント④>
定植後の定着した株に施用する場合は、希釈水で灌水する

3リットル程のボトルに生菌製剤は半分ほど入れ、水を充填します。力強くシェイクすると菌根菌が水に溶出するので、この水を10~100倍に希釈して株元に灌水します。水はけの良い土壌の場合は数回(数日)に分けて灌水すると共生確率が高まります。菌根菌を定着させているパーライトは水に溶けませんが、シェイク後のパーライトにも菌根菌が残っているので無駄にすることなく施用します。

ただし、推奨する基本的な施用方法は播種~育苗期です。希釈水で使用するときは、定植後に使用しなければならない条件の場合に行うことを推奨します。

こんなことでお困りではないでしょうか

  • キャンディダパラプシローシス生菌製剤(イメージ)

    ⚠育苗がうまくいかない
    根量が少なく定植後の活着が悪い。ガッシリした苗が作れない。

  • キャンディダパラプシローシス生菌製剤(イメージ)

    ⚠収穫量が少ない
    花数が少なく、果実も小さいため思うような収穫ができない。

  • キャンディダパラプシローシス生菌製剤(イメージ)

    ⚠微生物が少なく土が硬い
    土壌に微生物が少ないため株が不健康になる。土も硬く乾燥していて団粒構造のバランスが悪い。

収穫が1か月早まった!まだまだ採れます!使うと楽しいキャンディダパラプシローシス生菌製剤|吉田農園

  • キャンディダパラプシローシス生菌製剤(イメージ)
  • キャンディダパラプシローシス生菌製剤(イメージ)

2022年8月に東京都三鷹市にある有機栽培農家「吉田農園」さんにお伺いし、キャンディダパラプシローシス生菌製剤の効果についてお話を聴かせていただきました。

・果菜類の収穫期が長くなり例年より沢山採れる
・トマトのモザイク病が減った
・肥料をやり過ぎなくても土壌のバランスが良くなる

インタビュー記事はこちらから!!

仕様概要 キャンディダパラプシローシス生菌製剤
製品番号 WKN-TW-02000
包装容量 2ℓ(袋)
微生物種 キャンディダパラプシローシス
含有菌数 60,000個以上/1mL
保持資材 パーライト(滅菌処理済)
有効期限 製造より1年以内(下記の保管条件にて)
直射日光の当たらない冷暗所保存(4~10℃保存を推奨)・凍らせないでください・乾燥させないでください:しっかり袋取り出し口を密閉して保存
・長時間高温になる場所に放置しないでください使用の目安▼
① 生菌製剤到着翌日~3日後までに使用される場合⇒常温で保存してください。
② 生菌製剤到着4日後以降に使用される場合⇒冷蔵庫で保存してください。なお使用される日の2日~3日前に冷蔵庫から取り出し、常温にさらしてください。常温とは20~25℃です。常温にさらすことで菌が増殖します。
使用方法

◆種から栽培⇒1.25mL~2.5mL/苗

基本的には、双葉が出て本葉が出た時期に苗の根元に撒き、散⽔してください。参考:⼩さじ1杯で2.5mL 程度になります。育苗トレイでの幼苗の栽培では1.25mL 〜1.5mL でも⼗分に効果が期待できます。(パーライトの粒径や⽔分量で多少変動します)

◆少し⼤きくなった苗からの栽培⇒ 2.5 〜5mL /苗

幼苗時期に撒くことを推奨していますが、ある程度⼤きくなった苗の場合は、散布量を増やしたり、範囲を広めに撒いたり、あるいは茎の根元に数カ所の⽳を開けてそこに埋め込むなどが⼯夫が必要です。散⽔については、製剤を散布後にスプレーなどで噴霧して苗に接触させるようにすれば微⽣物が根に内⽣する確率が⾼まります。

⚠︎注意① 微⽣物製剤は軽いので、勢いよく散⽔すると⾶び散ったりして、根元から離れてしまうことがありますので注意して散⽔してください。育苗に使⽤するポット、トレー、プレート、苗床などは、少し深めのものを選ぶようにしてください。(根巻き防⽌セルトレイを推奨)
⚠︎注意② 可給態リン酸が多いと効果がない場合があります。実際にいちご生産者様の圃場で可給態リン酸が 1,011mg/100gと、基準数値の 100倍以上の結果となっていました。CEも 4.4s/cm と、基準の20倍くらいでした。これくらい多量のリン酸があると、菌根菌由来資材が働く余地がありませんのでご注意ください。
製造元 ワケンビーテック株式会社

 

◆期待できる効果と効果的な使用方法のヒント

作物名 期待できる効果 効果的な使用方法のヒント
いちご

1.親株の根張りを良くする

2.子株(太郎、次郎)の抵抗性誘導を高める

1.親株のクラウンに散布
幼苗1株あたり2.5mL を目安に(露地栽培の場合 5mL 以上を推奨)散布します。大きくなった購入苗には10 〜 20mL 程の散布をおすすめです。( 2.5mL = 小さじ 1/2)親株に散布後、 18 ℃以上を保ち 、 水分を十分に摂取すると微生物の共生が始まります 。注)殺菌剤等を使用する場合は、 微生物施用後 72 時間以上を経過してから用いるようにしてください 。 微生物と同時に施用すると 、微生物 の効果がなくなります。2.子株への施用(アイポット利用例)
親株への施用だけでもランナー数が増え、その性質は子株にもある程度は引き継がれますが、基本的には、子株以降にも微生物製剤を根元に散布することをお勧めしています。(2.5mL 程度)

注)可給態リン酸が多いと効果がない場合があります。あるお客様の圃場で可給態リン酸が 1011mg/100gと、基準数値の 100倍以上の結果となっていました。
CEも 4.4s/cm と、基準の20倍くらいでした。これくらい多量のリン酸があると、菌根菌由来資材が働く余地がありませんのでご注意ください。

トマト 果実重量の増加

メロン 収量増加

・メロン(ルピアレッド)
幼苗時(双葉が出て本葉が出てくる頃まで)に0.5~1.0g程度撒いて散水します。(育苗トレー使用時0.5g、接木や露地への直蒔き時1.0~2.0g散布を推奨)

REASON

選ばれる理由

キャンディダパラプシローシス生菌製剤イメージ

生育促進・収量増加・土壌改良で大活躍するアーバスキュラー菌根菌を含有

政令指定土壌改良資材のなかで唯一の微生物資材であるアーバスキュラー菌根菌を含有しています。農作物へのリン酸と水分の供給をし、さらに根圏微生物の多様化による土壌改良効果が期待できます。

生育促進:苗の根量増加、活着の良好化
収量増加:花数の増加、果重の増加
土壌改良:保水性の改善、土壌微生物の多様化

>>>アーバスキュラー菌根菌の詳しい解説はこちらのコラム
>>>アーバスキュラー菌根菌を使った育苗のヒントはこちらのコラム

キャンディダパラプシローシス生菌製剤イメージ
キャンディダパラプシローシス生菌製剤イメージ

パーライトに生菌を保持させているため扱いやすい

パーライトは保水性を改善する土壌改良資材で、通常は培土や圃場に混ぜ込むものです。とても軽い粉状の資材のため取り扱いがとても容易になっています。パーライトにアーバスキュラー菌根菌を保持させており、灌水するとパーライトから流れ出て、土に染み込んでいって根まで到達します。

キャンディダパラプシローシス生菌製剤イメージ

共生までの時間が格段に速い生菌を採用

生菌を使うことによって従来の菌根菌資材よりも共生しやすくなりました。従来の菌根菌資材では根への共生に7日以上必要とされていましたが、キャンディダパラプシローシス生菌製剤の場合は速ければ24時間以内に共生が成立します。

キャンディダパラプシローシス生菌製剤イメージ
キャンディダパラプシローシス生菌製剤イメージ

苗の発根を促進!さらに乾燥にも強くなる

根に共生したアーバスキュラー菌根菌がリン酸と水分を苗に供給します。リン酸は根の伸長に関与した栄養素で、果菜類では花数増加や結実に関わってきます。また、アーバスキュラー菌根菌は苗への水分吸収を促すため耐乾燥性が向上します。苗のホルモンバランスに刺激を与え、病害抵抗性や環境ストレス耐性を高めて健康な状態へ導く効果も期待できます。

キャンディダパラプシローシス生菌製剤イメージ

注目のバイオスティミュラント資材 さらに有機JASにも適合 

キャンディダパラプシローシス生菌製剤はバイオスティミュラント資材と有機JAS資材に適合しています。

バイオスティミュラントとは『植物や⼟壌に施し、より良い⽣理状態を植物にもたらす様々な物質や微⽣物等の資材及び技術』を指し、キャンディダパラプシローシス生菌製剤は最良の資材となっています。

>>>バイオスティミュラントに関するコラムはこちら

キャンディーダパラプシローシス生菌製剤は有機JAS資材リストに登録されているため有機農業でお使いになれます。アーバスキュラー菌根菌は化学肥料を投入できない痩せ気味の農地でも効率的に植物へリン酸を供給することで生育促進や収量増加が期待ができます。

キャンディダパラプシローシス生菌製剤:有機JAS資材リスト登録JASOM-190404

>>>有機栽培に関するコラムはこちら

CUSTOMERS VOICE

お客様の声

東京都三鷹市 とにかく良い!苗の出来が全然違います!!

【吉田農園様】
都会の真ん中に総圃場面積5,000㎡!
野菜の育苗にキャンディダパラプシローシス生菌製剤を導入。

〈2022年4月ご訪問時のお客様の声〉
東京都三鷹市にて代々少量多品目の有機栽培をされている生産者様です。今シーズンの育苗にキャンディダパラプシローシス生菌製剤を導入したところ「苗の生長が1週間ほど早いです」「ネギの張りがとても良くなりました」「ピーマンの収穫の時期が早まることを期待しています」などと嬉しい声をいただきました。

無施肥で育苗しているため栄養の吸収を助けてくれる菌根菌の効果を期待しているとのこと。吉田農園さまの野菜は無人販売所やレストランで出会うことができます。是非ご賞味あれ!

導入事例:キャンディダパラプシローシス生菌製剤(イメージ) 導入事例:キャンディダパラプシローシス生菌製剤(イメージ)
FAQ

よくある質問

1袋でどのくらいの苗に使えますか?

鉢上げ後の苗に施用する場合は、おおよそ400~800株になります。
株当たりに多く施用した方が共生の確立が高くなりますので、できれば1袋当たり400株を目安に施用することをおすすめします。

希釈水で灌水する場合は、1袋で何リットルの希釈水が作れますか?

希釈倍率によりますが、おおよそ400リットルを作成できます。
決まった灌水量はありませんが、希釈水が植物の根に十分行き渡るように灌水してください。

施用方法が何通りかあるようですが、一番のオススメの施用方法はどれですか。

播種~育苗期の間に、株元にパラパラと撒く方法です。
ページ上部の<キャンディダパラプシローシス生菌製剤の使い方とポイントを参照してください>
菌根菌は育苗期の施用が最も効共生確率が高まります。希釈水を灌水する方法は、定植後に使用しなければならない条件の場合に行うことを推奨します。

リン酸をよく吸収するそうですが、リン酸の施肥量を減らしてもよいのでしょうか?

土壌の栄養状態にもよりますが、減らすことが可能です。菌根菌は土壌のリン酸量が多いと活動が抑制されます。土壌診断を行った上で、適正値よりリン酸の養分状態が低い場合のほうがむしろ菌根菌の効果を得やすいと言われています。

耐水性が向上するそうですが、水やりの回数を減らしてもよいのでしょうか?

水やりの回数は通常通りに行ってください。

土づくりのときに元肥や堆肥などと一緒に施用してもよいでしょうか?

推奨しません。
生菌は植物に共生しやすい反面、寿命が短いです。土づくりの際に圃場全体に施用してしまうと播種や定植までに時間がかかり、根も近くにないため共生の確率が減少してしまい十分な効果が期待できません。

水耕栽培でも使用できますか?

いわゆる湛液型や完全に養液だけで栽培する方式では使用できません(菌根菌は土壌の中で生存できる菌です)。

菌根菌は全ての農作物に使用できるのですか?

一般的にはアブラナ科やアカザ科などは菌根菌と共生することができないと言われています。
しかし、キャンディダパラプシローシス生菌製剤に関しては、農家さんよりキャベツ、ハクサイ、ブロッコリー、ダイコンなどで生育促進効果が報告されています。

通常はイチゴ、トマト、ナス、キュウリ、ピーマンなど栽培期間の長い果菜類に使用することを推奨しております。

製剤使用の前と後に農薬を散布してもよいのですか?

散布できない期間があります。

農薬散布から本製剤使用までに1~2週間の間隔を開けてください。また、本製剤使用から農薬散布までに3~7日間の間隔を開けてください。特に銅系農薬、ファンタジスタ顆粒水和剤、トップジンM、ゲッター水和剤、ベンレート水和剤などは菌根菌との相性が悪いことが確認されているため必ず間隔を開けるようにしてください。この期間を設けていただければ上記農薬も使用が可能です。

低温保存とのことですが家庭用冷蔵庫の保存は可能ですか?

可能です。

冷暗所の4~10℃で保存をしてください。保存の際はしっかり密封してください。チルド室、パーシャル室、冷凍室は温度が低すぎるので絶対に入れないようにしてください。

トマトのロックウール栽培で使用できますか?

使用できます。某大手企業様で実績があります。ロックウール栽培の場合、根張りが良くなることで窒素(肥料)の吸収が向上することでトマトが徒長する可能性があります。窒素(肥料)を抑える管理が必要になるかもしれません。

成り疲れの改善や収穫期後半の収量増といった効果が期待できます。

Tweets by SEIKO_ECOLOGIA
youtube
ご注文
見積依頼
お問合せ